ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第224回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
今回は超常連メンバーさんがご欠席で静かな一夜と相成りましたが、取り敢えずは滞りなく終了しました。画像が消えてしまいパソコン内の大捜査作戦の末やっと見つかりましたのでブログに残します。


先付はワイングラスに蓴菜酢、秋田県産のプリプリゼリーが特徴ですがちょっと酢が強過ぎたかもしれません。食前の酢の物は消化促進のためには効果的です。


私が選ぶシャンパーニュは原則というか殆どマルヌ県産に限ります。シャンパーニュ地方とはパリから東北方向に150キロほど離れた地域であり、マルヌ県の領域であります。シャンパーニュ・グラン・クリュならびにシャンパーニュ・プルミエ・クリュはすべてマルヌ県のコミューンです。エチケットに生産者の所在地が記されてますが郵便番号にご注目下さい。「51120」とかとにかく「51」から始まる51000台の郵便番号ならマルヌ県原産であります。

このシャンパーニュは樽醗酵のあと敢えてマロラクティック醗酵を行わずに第2次醗酵されたもの。まあこの辺は好みなんですけどね。


口取は真ん中にナスタチウムの葉の上にさえずり山葵醤油、左上から時計回りに八尾は恩地の枝豆、水茄子浅漬け、焼いた万願寺唐辛子、ユキノシタの天麩羅。


本日の特選素材白身の王者の登場です。


脂ののった白身魚にはボルドーの赤が似合います。今はもうその存在自体がなくなってしまったシャトー・ベエーレの2012年。ベエーレ・クルタンではなく単なるベエーレは殆ど知られていません。


煮物として鱧の湯引きに鱧皮。この鱧も本日の特選素材也。


焼物は本日の超特選素材天然鮎、海部川でとれたこの時期としてはかなりの大物2尾。殆ど焦げ目の無い焼き方なので鮎本来の風味を楽しむことが出来ます。


合わせるワインはヴィレ・クレッセのこちら。知る人ぞ知る白ワイン。



▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 05:35 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2018年06月25日
All Rights Reserved./Skin:oct