ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

ワイン大学3月は道頓堀英ちゃん冨久鮓で河豚会
毎年の恒例と相成りました英ちゃん冨久鮓でのワイン大学定例会は焼き河豚メインの河豚会です。河豚の旨さを引き立てるのは何といってもポン酢です。ポン酢なら英ちゃん冨久鮓という定評は昔から続いています。関西の食通が一堂に揃い、まずはプレミアム・シャンパーニュで乾杯。


先付は茶碗蒸し。河豚の風味を損なう例えば銀杏などは使わず百合根だけが加えられます。中には河豚の白子がたっぷり。


てっさはご覧の通り天然河豚ならではの赤みがさしています。黒い血管などが浮くのは養殖の河豚ですので見ればすぐ見分けがつきます。


皿一杯に盛られたのはこれで1人前という焼き河豚。遠江に身皮骨付きのアラもたっぷり、炭火の大型七輪で豪快に焼きます。


白子の塩焼き。


そして白子の醤油焼き。どちらか一つよりは2種類食べたいですよね。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 04:17 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2018年03月10日
All Rights Reserved./Skin:oct