ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第 219 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
道頓堀英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会の新年会です。


先付はいくら大根おろし。


口取は真ん中にスモーク・サーモン、菜の花の辛子和え、この子の天麩羅、蕪のあちゃら漬けに烏賊の海胆和え海苔の天盛。
ひときわ贅沢なのはこの子でしょうか。


てっさの菊花盛りではなく、名付けて天鰤の薔薇盛り。鰤トロを薔薇の花のように盛り付けてあります。追加で山葵てんこ盛りにして頂きます。全くしつこくない脂にビックリ。


太刀魚の煮付け、旬の牛蒡添え。珍しい太刀魚の煮物でしたが、やはり焼き物の方が良かったように思います。


順番的には逆かもしれませんがここで渡り蟹が登場。アツアツの蒸し立てを頂きます。凄い内子の量です。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 11:24 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2018年01月28日
All Rights Reserved./Skin:oct