ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Pinotage N




以前こちらで述べましたが南アフリカ原産の葡萄をフランス政府が最近になって(2012年)登録しています。

ピノタージュの語源については前にも述べましたが ピノ・ノワール と サンソー の交配なら ピノソー Pinosault となりそうですがそれはフランス的な発想であり、交配が行われた南アフリカでのサンソーの呼称は Hermiyage だったのです。ですから Pinot noir + Hermi tage 前と後ろの半分ずつ合わせて Pinotage ピノタージュと命名したと思われます。

さて以前のブログから数年が経過し遺伝子の解明から父母が逆転しています。以前の親子関係は拙ブログに書いた通り

Original pedigree  CINSAUT × PINOT NOIR
Prime name of pedigree parent 1  CINSAUT
Prime name of pedigree parent 2  PINOT NOIR

だったのですが、これは2013年2月12日 21:18:55 UTC のデータを基にしており、その後の旧 VIVC では父母が逆転しています。2015年12月23日 05:45:29 UTC のウェブ魚拓ですから2年半ほどの間に書き換えられたわけです。

現在のピノタージュの親子関係ですが 新VIVC のサイトからコピーすると

Pedigree confirmed by markers PINOT × CINSAUT
Prime name of parent 1 PINOT NOIR
Prime name of parent 2 CINSAUT

2013年の新しいデータと同じです。

昔のデータですが、交配に関わった研究機関の発表ではサンソー×ピノ・ノワール、つまり母となる葡萄がサンソーで父がピノ・ノワールだったのですが、遺伝子の分析結果として公表されたのは母がピノ・ノワールで父がサンソーという結論であります。

いつも申し上げることですが葡萄の歴史は大変古く、遺伝子分析による親子関係の解明は今まさに始まったばかりということ。これからどんな親子関係が見つかるのか目が離せません。

さてフランスの公的葡萄目録ですがこちらをご覧下さい。コピーすると

Le catalogue des vignes cultivées en France

「フランスで栽培される葡萄目録」になってますがこちらを開くとその下に Catalogue des cépages inscrits en France と文言の追加があります。本来はフランスで栽培される葡萄のカタログであったはずがいつの間にか「フランスで登録されている葡萄カタログ」になろうとしています。
| ワイン雑感 |
| 06:54 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2018年01月16日
All Rights Reserved./Skin:oct