ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

「石田めん羊牧場」を食べつくす会@天満橋 Origin
飼育が非常に難しいとされる美味なる羊「サウスダウン種」を専門に牧羊している北海道足寄郡 石田めん羊牧場から直接仕入れたフレッシュな仔羊を丸ごと頂きます。


まずは3種盛の前菜、ラムのアンドゥイユ南仏風、小さなレバーカツバーガー、セルベルのフリットと蕪のポタージュ。秀逸なのは子羊の脳みそ。魚の白子より濃厚な旨味をフリットにしてさらに凝縮、カブラのスープも滑らかで実に旨い。


次は仔羊肩肉のテリーヌにビーツのサラダと羊乳チーズ。青物はセルバチコ、赤白交互の文様はビーツの種類なのでしょうか、ありがちな特有の匂いもなく安心の味。


テリーヌの仕上げは少しラフかも(笑)。


ソムリエールに選んでいただいたワインは南アフリカのカッパー・ポットのピノ・ノワール。アルコールが強くレバーの風味を強調してしまうみたい。


と、そこへお隣のグループからおすそ分け。なんとクロ・ルジャールのソミュール・シャンピニーの 2008年、ソミュールを代表する有名ブランドです。こちらはバッチリお料理と合います、高価なワインご馳走様でございます。


▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 01:38 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2017年12月03日
All Rights Reserved./Skin:oct