ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第217回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
いつもの常連メンバーに何とうら若き女性が飛び入り参加頂き華やかな幕開けと相成りました。

先ずはピエール・ルグラのブラン・ドゥ・ブラン、グラン・クリュ・シュイイィで乾杯。日本酒は国道477号線沿いにある秋鹿の純米吟醸「歌垣」、この名前は蔵元の所在地を示します。この集落にはキリスト教教会がありその名も「歌垣教会」。


先付はアツアツの鱈白子、菊花に例えて「菊子」とも呼ばれますが一般には「雲子」。新鮮なので何とも良い香りが堪りません。


続いて口取、細魚の南蛮漬けにとびあらの天麩羅、零余子に銀杏、そして下仁田葱を焼いて味噌を添えたもの。


出ました、本日の特選素材は大分豊後水道の天然真鯛。瀬戸内の鯛ではこの味に達しません。歯応え、身のプリプリ感、そしてその身の甘さと脂の乗り、全く申し分のない天下一品であります。合わせるのはシャトー・マルゴーではなく、似たような名前のフラン・コート・ド・ボルドーの2010年、まさに飲み頃ボルドーで刺身によく合います。


続いて本日の特選素材、天然伊勢海老の具足煮。身がぎっしり詰まっているのはもちろんですが味噌の甘さが凄いのです。このお料理にはトスカーナの少し甘口白ワインがぴったり。


本日は特選素材が次々と登場、のどぐろの塩焼き。大きなのどぐろを一人前片身と云うボリューム。脂の乗りは半端なく、とろける味わい。ジャンボ酢橘添え。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 11:28 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2017年11月19日
All Rights Reserved./Skin:oct