ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第216回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
今回は常連メンバーお二人がご欠席でしたが、古株メンバーさんにお越し頂き無事開催にこぎ着けました。先週なら台風前夜でしたが今回の台風22号は大阪への影響はあまりなかったように思います。


先ずは以ての外と云う名前の菊花の先付。河豚皮の湯引きとその菊花を絡めてポン酢和え。ご趣向ですね。


口取は貴重な生さえずりを真ん中に上から氷頭鱠、姫人参、真菰茸、丹波篠山の黒豆。


本日の特選素材は虎魚。分厚く引かれた上身に身皮と胃袋の湯引き、生肝が添えられ山葵醤油で頂きます。


続いてそのあらはさっと煮られ薬味ポン酢で頂きます。虎魚はプルプルの皮、そして頬っぺたやカマの肉が極めて美味。


ちょっと見慣れないスタイルで登場しましたが脂がのったキンキは煮付が一番みたいです。添えられる牛蒡の薫りが高い。


▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 05:45 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2017年10月29日
All Rights Reserved./Skin:oct