ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Picarlat N


ピカルラという名前の黒葡萄、拙ブログではその存在をこちらで示したことがあります。ネタ元はこちら、画像もちゃんと載っているのにフランスで栽培される葡萄のサイトには画像が載っていません。

葡萄の研究機関は INRA とか FIV とか他にもいろいろあるみたいですが、各研究機関の横の繋がりは無いのでしょうか?

さてこの葡萄は何とカベルネ・ソーヴィニョン(母)とあろうことかピノ・ノワール(父)の交配により生まれた葡萄とのこと。1980年代の事で、交配に関わったのはフランス農学研究所 INRA とボジョレーにある SICAREX Beaujolais であり、両者の共同開発という事でしょう。フランスで栽培される葡萄として政府が登録したのは2014年との事。

葡萄のデータはVIVC からこちらをご覧ください。コピーさせて頂くと

Prime name PICARLAT
Color of berry skin NOIR
Variety number VIVC 24742
Country of origin of the variety
Species VITIS VINIFERA LINNÉ SUBSP. VINIFERA
Pedigree as given by breeder/bibliography CABERNET SAUVIGNON × PINOT NOIR
Pedigree confirmed by markers
Prime name of parent 1 CABERNET SAUVIGNON
Prime name of parent 2 PINOT NOIR

ボルドーを代表するようなカベソーとブルゴーニュ赤ワイン用の高貴種ピノ・ノワールの交配とは一体どんなワインが産まれるのでしょうか? 尚この葡萄の用途はワイン用との事です。
| ワイン雑感 |
| 06:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2017年10月19日
All Rights Reserved./Skin:oct