ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Picardan B 正式名称 Araignan




フランス政府は自国の葡萄としてこの名前 Picardan を正式登録していますが、フランスのワイン法には次のような記載があります。まずは当該葡萄をピカルダンと云うより「アレニャン」としている法令から取り上げます。アペラシヨン・パレットの葡萄規定ですがコピーすると

1°- Encépagement
a) - Les vins blancs sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : araignan B (dit picardan B), bourboulenc B, clairette B, clairette rose Rs ;
- cépages accessoires : aragnan B, colombaud B, furmint B, grenache blanc B, muscat à petits grains B, panse muscade B ou panse du Roy René, pascal B, piquepoul blanc B, terret gris G (dit terret bourret), ugni blanc B, ugni rosé Rs.

アペラシヨン・パレットの白ワインについて主要葡萄の筆頭として「アレニャン(ピカルダンとも)」とアレニャンを優先しています。

念のため日本語に置き換えると「主要葡萄としてアレニャン、ブルブランク、クレレット・ブランシュ、クレレット・ロゼ、補助葡萄としてアラニャン、コロンボ、フュルマン、グルナッシュ・ブランミュスカ・ア・プティ・グラン、パンス・ミュスカードもしくはパンス・デュ・ロワ・ルネ、パスカル、ピクプール・ブラン、テレ・グリはテレ・ブレとも云うが、ユニ・ブランそしてユニ・ロゼ」。

現在判明しているのは主要葡萄であるアレニャンと補助葡萄として示されているアラニャンは同一葡萄であるということ。

次に別のアペラシヨンの葡萄規定をご紹介します。アペラシヨン・シャトーヌフ・デュ・パープの葡萄規定ですが、赤ワインと白ワイン用としての個別の記載はなく、赤白同じ葡萄規定ということでアルファベット順には次の通りの記載です。

V. - Encépagement
Les vins rouges et blancs sont issus des cépages suivants : bourboulenc B, brun argenté N (localement dénommé « vaccarèse »), cinsaut N, clairette B, clairette rose Rs, counoise N, grenache blanc B, grenache gris G, grenache N, mourvèdre N, muscardin N, picardan B, piquepoul blanc B, piquepoul gris G, piquepoul noir N, roussanne B, syrah N, terret noir N.

こちらではアレニャンではなく注釈もつかないpicardan B」で登場しています。

これは法令文言を作成する人物が複数存在して、それぞれ認識が異なっていることを如実に示している訳であります。つまり「ピカルダンとも呼ばれるが正式にはアレニャン」と認識している人物も居れば「あくまで昔からの呼称ピカルダンでなければならない」と頑なな法令文言作成者も居るということ。

| ワイン雑感 |
| 05:40 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2017年10月16日
All Rights Reserved./Skin:oct