ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Parrellada B 正しくはParellada B




パレリャーダという名前の白葡萄、拙ブログでは4年前の3月にこちらで紹介しましたが、当時フランス政府が定めた名称は Parrelhada B 、これは明らかにミスプリントであると指摘しましたが、現在フランス政府の発表するリスト A1 を見ると「Parrellada B」と記載されてます。

4年前の「Parrelhada B」から現在の「Parrellada B」と書き換えられてはいますが実はこれも間違いです。

VIVC2 のデータはこちら、正式名称は PARELLADA、スペイン原産の白葡萄で親子関係はつい最近明らかになりました。8か月前のデータはこちらでしたが、現在判明した内容とは

Pedigree confirmed by markers  HEBEN × EPERO DE GALL
Prime name of parent 1  HEBEN
Prime name of parent 2  EPERO DE GALL

パレリャーダはエベンを母、エペロ・デ・ガルを父として生まれた白葡萄であります。

パレリャーダの母親の HEBEN はこちらの通りスペイン原産の白葡萄。

パレリャーダの父親のEPERO DE GALL はこちらのように

Pedigree confirmed by markers  HEBEN × MONASTRELL
Prime name of parent 1  HEBEN
Prime name of parent 2  MONASTRELL

つまりエペロ・デ・ガルはエベンを母、モナストレル(フランスではMourvèdre N ムールヴェドル) を父として生まれた黒葡萄であります。ややこしいですね。

パレリャーダのシノニムは意外に少なく次の通りです。

MARTORELLA
MOLTONACH
MONTONEC
MONTONECH
MONTONEGA
MONTONEO
MONTONERO
MONTONET
PARELLADA BLANC
PERELADA
PERELLADA

もちろんフランス政府が登録している「Parrellada」などありません。この世に存在しない名称を政府が間違って2度も登録するとは如何なものか、為体も甚だしい。

パレリャーダはスペインの発泡性ワイン・カヴァの代表的原料葡萄でありフランスの IGP ではこちらのサイトにまとめられています。まあ各 IGP の葡萄規定にその名があるというだけで実際使われているかどうかは甚だ疑わしいとしか申し上げられませんけど。
| ワイン雑感 |
| 05:31 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2017年07月01日
All Rights Reserved./Skin:oct