ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Nielluccio N




Nielluccio 我が国のワインの教科書では「ニエルキオ」と読むように書いてあります。しかしコルシカ島で栽培される葡萄なので現地の言葉つまりコルシカ語の発音を優先すべきと私は思います。以前のブログにも書きましたがリンク先が有料サイトになったのか直接アクセス不能なのでこちらをご覧下さい。Nielluccio の発音についてですが、コピーさせて頂くと

pronounced "nee-el-LOO-choo"

カタカナに置き換えると「ニー・エル・ルー・チョ」続けて読むので「ニーエルーチョ」が近いはずで決して「ニエルキオ」とは発音しないはずであります。しかしながら日本語のこちらのサイトでは後者を採用しています。サイトの日本語訳の担当者がそのように教わったのでしょうね。

本題です、ニーエルーチョはコルスでそう呼ばれる、即ちシノニムであり本来の名称は SANGIOVESE サンジョヴェーゼであります。

サンジョヴェーゼは交配により生まれた葡萄であり、ややこしいことに2つの説があります。VIVC2 のサイトからこちらをご覧下さい。現時点でサンジョヴェーゼの父母であろうと思われる葡萄について次の2つが提示されています。

Prime name of pedigree parent 1: FRAPPATO DI VITTORIA N
Prime name of pedigree parent 2: FOGLIA TONDA N

そして

Prime name of pedigree parent 1: GAGLIOPPO N
Prime name of pedigree parent 2: FOGLIA TONDA N

1つ目はフラッパート・ディ・ヴィットリアが母、フォーリア・トンダが父という説。もう一つはガリオッポが母でフォーリア・トンダが父であるという説。いずれにも共通するのは父親がフォーリア・トンダであること。詳しくは拙ブログのこちらをご覧下さいませ。

ガリオッポについてはこちらの通りであり、サンジョヴェーゼの母とするには聊か矛盾が生じます。

フランスのワイン法にこの葡萄が載っているのはコルシカ島のワインだけであり AOC アジャクシオ、AOC パトリモニオそして AOC コルスもしくはヴァン・ド・コルスに限られます。

コルスの葡萄だからでしょうか、こちらのサイトは葡萄の名前そのものを誤表記しています。IGP も含むとこちらの通りと相成ります。
| ワイン雑感 |
| 03:33 PM | comments (0) | trackback (x) |

ワイン大学第383回定例会@上本町7 レストラン・コーイン











▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 11:43 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2017年05月13日
All Rights Reserved./Skin:oct