ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Negret de Banhar N




ネグレ・ド・バナール、拙ブログではこちらで取り上げましたが、昔はバナールの付かない、スペルも発音も異なる Negrette ネグレットという葡萄だけがフランス・ワイン法令の葡萄規定にありました。つまりネグレ・ド・バナールはネグレットと間違われたまま法令文言に採用されていたのであります。

この件は以前のブログにまとめてありますので是非ともご覧頂きたいと思います。アペラシヨン・エスタンの前身 Vins d Estaing AOVDQS とアペラシヨン・アントレーグ・ル・フェルの前身 Vins d Entraygues et du Fel AOVDQS では本来ネグレ・ド・バナールとすべきところをネグレットと記載していたのです。もちろんこれはネグレットと思われていた葡萄が遺伝子検査により別の葡萄と判明したので葡萄の名称を変更せざるを得なくなったからであります。

念のため旧法の葡萄規定をコピーさせて頂きます。

Vins d Estaing
AOVDQS
Décret du 5 Avril 1994
Arrêté du 8 Novembre 1994

II. – Encépagement
Vins rouges et rosés : Fer-Servadou, Gamay noir à jus blanc, Abouriou (gamay Saint-Laurent), Jurançon noir, Merlot noir, Cabernet Franc, Cabernet-Sauvignon, Mouyssagues, Négrette, Pinot noir, Duras, Castet.

Vins blancs : Chenin, Roussellou, Mauzac.

当該葡萄とは関係ありませんが白ワインの葡萄規定にある「Roussellou」はサン・ピエール・ドレのシノニムであり、アペラシヨン・エスタンに改変されてからの葡萄規定にある「サン・コム」は現行法最低の間違いであります。こちらをご覧下さい。

Vins d Entraygues et du Fel
AOVDQS
Décret du 5 Avril 1994
Arrêté du 8 Novembre 1994

II. – Encépagement
Vins rouges et rosés : Cabernet franc, Cabernet-Sauvignon, Fer, Gamay noir à jus blanc, Jurançon noir, Merlot noir, Mouyssagues, Négrette et Pinot noir.

Vins blancs : Chenin et Mauzac.


さてネグレ・ド・バナールで新しく判明したのは当該葡萄の親子関係です。

VIVC2 のパスポートデータはこちら、以前のデータは残っていませんが親子関係の記載はありませんでした。最近になってネグレ・ド・バナールはフェールとマンサン・ノワールの交配で生まれた葡萄だと判明した訳です。親子関係をコピーさせて頂くと

Pedigree confirmed by markers  FER × MANSENG NOIR
Prime name of parent 1  FER
Prime name of parent 2  MANSENG NOIR

コンファームド・バイ・マーカーズとあるので遺伝子の解析結果としてネグレ・ド・バナールはフェールを母、マンサン・ノワールを父として生まれた葡萄であります。

ネグレ・ド・バナールが使えるフランスのアペラシヨンは上記の通りエスタンとアントレーグ・ル・フェルだけですがいずれも補助葡萄としての規定であり残念ながら使わなくてもよいという扱いでしかありません。

IGP の葡萄規定でネグレ・ド・バナールが載っているのはこちらをご覧下さい。
| ワイン雑感 |
| 02:27 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2017年05月07日
All Rights Reserved./Skin:oct