ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

「コトー・デ・シュッド・デペルネ」とは何ぞや?
京都のワインでは老舗のお店のサイトにこんな言葉を見つけました。サイトからコピーさせて頂くと

本拠地は、ヴァレ・ド・ラ・マルヌとコート・デ・ブランの間に位置する、 1996年に誕生した新たな注目地域であるコトー・デ・シュッド・デペルネ村にあります。こちらでは、ヴァレ・ド・ラ・マルヌの柔らかさとコート・デ・ブランの 酒質の強さ、この両方の素養を持った優良なシャンパーニュが造られます。

1996年に誕生した地域? 

最近で新たにシャンパーニュとして認定された地域などありません。コミューンならありますが、地域など認定されるはずもないのですが調べてみましょう。またサイトにあるコトー・デ・シュッド・デペルネ村などフランスのコミューンにそんな名前などありません

こちらのサイトだけではなく「エペルネ南の新地域“コトー・ド・シュッド・デペルネ”」は神戸の老舗ワインショップのサイトにもあります。もちろん他にもたくさんありますが。

誰が言い始めたのか知りませんが大きな間違いであります。

ちゃんとした名称は Les Côteaux Sud d'Épernay レ・コトー・シュッド・デペルネ、恐らくフランス語をカタカナ表記に置き換えたときに何らかの間違いがあったのをそのままコピーされ続けているのでしょう。

ちょっと検索するとすぐに登場しますがネタ元はこちら、要するにINAO などが新たに認定した地域ではなく、元々「エペルネの近所」をうたい文句にしていた地域の葡萄栽培農家やシャンパーニュ生産者が寄り集まって新たな名称で客を呼ぼうとしただけのこと。即ち公式な地域名称ではありません。エペルネとコート・デ・ブランの中間なので「エペルネの南の丘陵」を新たな呼称として定着させようと試みただけのお話であります。

老舗のワイン販売店がこのような為体では困りますね。

レ・コトー・シュッド・デペルネは次の13のコミューンのシャンパーニュ生産者並びに葡萄栽培業者によって構成される組織の名称です。決して新しく認定された地域名称ではありません。

1. Pierry
2. Moussy
3. Vinay
4. Saint Martin d'Ablois
5. Brugny
6. Vaudancourt
7. Courcourt
8. Chavot
9. Monthelon
10. Morangis
11. Moslins
12. Mancy
13. Grauves


| ワイン雑感 |
| 06:17 PM | comments (0) | trackback (x) |

Chez Chilo JR三ノ宮西口
初めての訪問です。場所は阪急電鉄よりJR三ノ宮西口から程近い、某予備校の向かいにあります。

ここのお店は所謂ドゥー・プラ、黒板のお品書きの前菜から一つとメインを一つの2皿でコースとするスタイルです。注文の仕方の説明はありましたが「季節物もあります」とのことでプレゼンされたのがホワイト・アスパラ。もちろんお願いすることにして前菜+ホワイト・アスパラ+メインということに決定。


指定されたテーブルにつきまずはシャンパーニュをお願いします。


私が選ぶのはマルヌ県の物だけ。シャンパーニュ地方とは大きく分けるとランス・エペルネ周辺地域と遥か彼方ブルゴーニュ近くのオーブ周辺の物があり、私は前者しか頼みません。

頼んだものはシャンパーニュ・E・ジャマール・エ・スィー(カンパニーの略)のカルト・ブランシュ、白ラベルです。シャンパーニュのエチケットには必ず生産者の場所を明記しなければなりませんが、ちゃんとカルト・ブランシュの下にサン・マルタン・ダブロワ、マルヌ県って表記があります。

しかしネットで調べると昨日のブログで書いたように「とんでもない村にある」という表記を見つけたので書いてみました。エチケットに「SAINT MARTIN D'ABLOIS-MARNE」とあるのに何故「コトー・デ・シュッド・デペルネ村にある」とするのか私には理解できません。

輸入元の紹介文をそのままコピー・ペーストするのでしょうか、もう少し矜持をもってワインと向き合って頂きたいと思います。お店とは関係のないお話ですみません。


さてシャンパーニュで乾杯の後登場したのが豚のリエット。このリエットで思い出すのが亡くなった船橋さん。心斎橋で2回、後に阿波座に移転したフレンチ、オー・プティ・コントワのオーナー・シェフです。大阪の店を畳んで関東方面へ、最期は何故か鹿児島でその生涯を閉じたそうです。


で、私が頼んだのは Hors-d'ouvre variés その名の通りオードブル・盛り合わせ。印象としては京都のコリスさんみたいなお料理です。


他の人のオーダーからシーザー・サラダ。リエット同様かなりニンニク風味強い目ですので若い方向けのお料理なのでしょうね。


リー・ド・ヴォーとモリーユ茸のパテ・アン・クルートにはたっぷりのマーシュが付け合わせに。


前菜の後はロワール産のホワイト・アスパラ、オーソドックスにオランデーズソースで頂きます。ホワイト・アスパラは太い新鮮なもので茹で方そしてソースまで完璧です。


コート・デュ・ジュラのサヴァニャンがあっという間に空となり次に頼んだのはトリンバックのリースリング。

▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 02:46 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2017年04月29日
All Rights Reserved./Skin:oct