ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Muscat à petits grains blancs B




4年前の拙ブログに於いて、現在の表題の通りその名前を書き換える必要があると訴えた葡萄であります。当時フランス政府が公表していた葡萄目録には「Muscat à petits grains B」とあった訳ですが、私の主張を受け入れてくれたかのようであります。

フランス政府が公表する葡萄名は末尾に葡萄の果皮色を示すアルファベットが付くのですが、その略号を以て「Blanc」を省略するのは如何なものかと申し上げている訳です。依然として Chenin Blanc は「Chenin B」と表記され、また Chasselas Blanc も「Chasselas B」と公表しているのです。

シュナンと名の付く葡萄が1種だけしか存在しないなら「Chenin B」と表現して構わないかもしれませんが現実的にはシュナン・ロゼ、シュナン・ルージュも存在するのです。

同様にシャスラもシャスラ・ロゼやシャスラ・シウタなどいろいろ「シャスラ+何某」が存在し、法令文言にもシャスラ・ロゼは採用されているので「Chasselas B」は問題あるように思います。

さて表題の葡萄ミュスカ・ア・プティ・グラン・ブランはアルザスのほか幅広くフランスのAOC ワインに使われていますが、それについてはこちらのサイトもしくはこちらのサイトをご覧頂くようお願い申し上げます。

ミュスカ・ア・プティ・グラン・ブランのパスポートデータですが、昨年の9月の時点ではこちら、ところが本日の時点ではこちらと替わっており、何がどう異なるかと申し上げるとシノニムの数です。データは毎日のように書き換えられているので、常に新しい情報を知るように努めたいと思います。
| ワイン雑感 |
| 04:35 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2017年04月12日
All Rights Reserved./Skin:oct