ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Mondeuse blanche B



モンドゥーズ・ブランシュ、この白葡萄で重要なことは北部ローヌの黒葡萄シラーの母であるということ。シラーモンドゥーズ・ブランシュを母、デュレーザを父として自然交配により生まれた葡萄であります。

また最近の遺伝子解析の結果として、別種であるとされてきたモンドゥーズ・ノワールの母ということも判明。

後に紹介するモンドゥーズ・ノワールモンドゥーズ・ブランシュを母TRESSOT NOIR トレソ・ノワールを父として生まれた黒葡萄だったのです。

葡萄の遺伝子解析は今現在進行の真っ直中であります。

以前のブログでのモンドゥーズ・ブランシュ VIVC パスポートデータはこちら、当時公開されていたモンドゥーズ・ノワールはこちら、しかし知らないうちにこちらに変わっていました。2015年3月5日更新となっていて、新しいサイト VIVC2 も内容は同じとなっています。

モンドゥーズ・ブランシュのシノニムは今のところ12登録されています。

AIGRE BLANC
BLANC AIGRE
BLANCHE
BLANCHETTE
COUILLERI
DONGINE
DONJIN
JONGIN
JONVIN
MOLETTE
PERSAGNE
SAVOUETTE

モンドゥーズ・ブランシュが使えるアペラシヨンに関しては拙ブログのこちらこちらに書きましたが要するにモンドゥーズ・ブランシュが主たる役割を果たすのは

何の表記も伴わないサヴォワもしくはヴァン・ド・サヴォワのスティルワインの白

同じく白とロゼのペティヤンとヴァン・ムスー

その他のヴァン・ド・サヴォワでは補助葡萄、アペラシヨン・ビュジェイでも補助葡萄というだけで使わなくてもよいという存在であります。

モンドゥーズ・ブランシュと親子関係が認められるのは昨日ののシューシヨンビア・ブラン。拙ブログではこちらで取り上げています。
| ワイン雑感 |
| 01:53 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2017年03月12日
All Rights Reserved./Skin:oct