ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Monbadon B




モンバドンという名前の白葡萄、拙ブログではこちらで取り上げました。

このモンバドンですが本来フランス原産であるにも拘わらず、現在栽培されているのは何とアメリカ合衆国だけのようです。
そのアメリカでの呼び名は Burger バーガー。

アメリカ原産の葡萄と思われていたバーガーが、フランス原産のモンバドンだと判ったのは例のシャルドネの親が判明したのと同じ頃のはずです。カリフォルニア大学デイヴィス校でのヨーロッパ種葡萄の遺伝子解析の結果判明した訳であります。

アメリカでバーガーという葡萄はこんな形状 ↓ のボトルに詰められるお安いワイン Jug wine に使われています。



カリフォルニア州のセントラル・ヴァレーで 1992年に 940ha 栽培されていた記録がありますが、近年は例の喫煙ワイン愛好家女史の著書によりますと 2008年 505ha とかなり減少傾向であります。

さて、このモンバドンは3年前の拙ブログでは親子関係不明と書きましたが、今現在 Poitou-Charentes ポワトゥ・シャラント圏原産フランス農学研究所のサイトに載っています。

同サイトではモンバドンの両親とされる葡萄について

Mère/parent1 réel : Folle blanche
Code mère/parent1 réel : 317

Père/parent2 réel : Ugni blanc = Trebbiano toscano
Code père/parent2 réel : 74

母親はコード番号 317 のフォル・ブランシュ、父親は同じく 74 のユニ・ブラン即ちトレッビアノ・トスカノであるとしています。

新しくなったVIVC2 ではこちらの通り今のところ

Prime name of parent 1  FOLLE BLANCHE
Prime name of parent 2  TREBBIANO TOSCANO

つまり母親がフォル・ブランシュで父親がトレッビアノ・トスカノと記載しています。しかし遺伝子の解析結果ではないため今後変更されるケースも考えられるということを覚えておいて頂きたい。

シノニムは14

AOUBA
AUBA
BERGER
BLANC DE CADILLAC
BURGER
CADILLAC
CAOBA
CASTILLONE A MONTENDRE
FRONTIGNAN
FRONTIGNAN DES CHARENTES
GRAND BLANC
GROS MONTILS
MESLIER D'ORLEANS
UGNI DE MONTPELLIER

最後になりましたがモンバドンを使うワインについては以前のブログに書いた通りワイン用としてではなくコニャックの原料としての試みがあるという程度で、フランスのどの IGP にもその名はありません。ちなみにその親であるフォル・ブランシュ、ユニ・ブラン正式名称トレッビアノ・トスカノは両方ともコニャックの主原料であります。

| ワイン雑感 |
| 04:15 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2017年03月05日
All Rights Reserved./Skin:oct