ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Liliorilla B




リリオリラという名前の白葡萄、名前の由来などは拙ブログのこちらで紹介し、リリオリラを使ったワインについてはこちらで取り上げた。約4年前のことで現在はリンク切れなどしているため新たに書き直すことにした。

まずこの葡萄の生い立ちははっきりしており、1956年ボルドーの INRA Institut National de la Recherche Agronomique 国立農学研究所に於いて、バロックを母、シャルドネ・ブランを父として人工交配により生まれた白葡萄である。遺伝子解析結果も同じなので親子関係を覆されることはないはず。

尚、同じ交配で他に生まれた葡萄は存在しないし、また父母が逆の場合も無い。

VIVC2 のパスポートデータはこちら、シノニムは存在しないとの見解だが「la fleur de mai」ラ・フルール・ド・メが将来追加されると予想する。

この葡萄をブレンドしたワインは2つ、こちらに載っているがいずれも IGP Comté Tolosan コンテ・トロザンであるとしている。しかしながらコンテ・トロザンの白ワイン用葡萄規定は以前のブログに示した通りリリオリラの名前は無い、ということは使うと IGP コンテ・トロザンは名乗れないはず。

しかし堂々とネットに乗せていると云うことは INAO のお咎め無しと云うことなのか?

これらとは別にリリオリラ 100% で造られた白ワインがある。こちらの2つのワインの内の白ワイン、Cuvée Bertrand de Gourdon blanc がそのワインである。パスリヤージュするとあるので当然ながら甘口ワインだ。

このワインはアシェットによると生産量は 500cc ボトルで 4,000本、IGP コンテ・トロザンではなく IGP Côtes du Lot ということである。前回述べた通りIGP コート・デュ・ロットの白ワイン葡萄規定に当該葡萄がある。価格は単品ではBlanc : 12€50、6本ケースだと70€00 。フランス旅行に出かけるならこういったワインを探すというのは如何だろうか。

グルドンというコミューン、ワインの産地ではカオールから北へ 40km 程の場所で、グルドンから西へ90km 程にはベルジュラックがある。ボルドーやブルゴーニュを旅しても新しい発見など期待出来るものではないが、無名な産地に行くと地元ならではのお宝ワインを発見出来るかも知れない。
| ワイン雑感 |
| 02:32 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年12月28日
All Rights Reserved./Skin:oct