ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

一見さんお断りのすし・割烹のお店@京都
親しくさせて頂いている京都の有名女将さんからの紹介で来店可能となった鮨割烹、残念ながら一見さんお断りなので店名は伏せさせて頂く。

お通しらしき蛸柔らか煮などは撮影許可の前だったので割愛させて頂く。


シャンパーニュ・ドラモットのNVをボトルで頼むといきなり登場したのは由良海胆のにぎり。舌の肥えた客層相手なので明礬で固めた見た目に綺麗な海胆は置かないのだろう。


同行者が注文した鯖はさっと炙られてお出まし、脂ののりの良い極上品質である。山葵も実に甘い。


私のチョイスはマルハゲ、何と肝の割合が多いこと! ハゲの肝まみれである。


ちょっとでも鮮度が落ちると匂うのだが、新鮮そのものなので全く匂わない。身も良く活かっているのは当たり前かも。歯触りもプリプリで下手な河豚より余程旨い。


食べ終わるのを見計らったのか、間髪入れず登場したのは河豚。もちろん天然だがいちいち品書きにそういった文言はない。さっと湯引きした上身、身皮を生白子で和えポン酢ジュレに浅葱をあしらってある。非常に美味。


注文の品、香箱蟹。目の前で捌かれるスピードが凄い! 何時間も前に甲羅に詰められたものは残念ながら美味しいとは思わない。やはり仕事が見えるというのがカウンターの醍醐味である。普通はあまり感心しないものが多いのだが、外子まで旨いのは珍しいと云って過言ではない。


もちろんぎっしり詰まった内子は云うまでもない。


続いて焼き河豚、どんな焼き台かは分からないが香ばしく丁寧に焼かれていて旨い。


コッペ蟹酒^^


皿が下げられてサッと現れたのが鱲 からすみ。大根で挟んで食べる説明不要の逸品。もちろんちゃんと炙ってある。


▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 10:35 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年12月04日
All Rights Reserved./Skin:oct