ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワイン大学第377回白トリュフの会@上本町7レストラン・コーイン詳細

白トリュフの会であってもなくても幕開けはグジェールバーガーと決まっている。但し中身に普通白トリュフは挟まれていない。


ちょっと変わり種は白トリュフのチュイール。


いつものプティ・アミューズ、赤ピーマンのババロワとコンソメジュレに蟹味噌が添えられる。


そして本日のアミューズ・グール土佐ジロー卵黄白トリュフ風味。出来ればスクランブルエッグにして温かい方が香り立つように思う。


贅沢な前菜は「オマール海老とリー・ド・ヴォーのテリーヌ、白トリュフ風味の自家菜園サラダ」。この添え物の葉っぱが凄い威力を発揮するのだ。


王道の食べ方は何と云ってもこれ、麦のリゾットに白トリュフである。パスタならクリーム系のタヤリンに白トリュフだろう。


シャンピニヨンと貝類のクリームのパイ包み焼き、白トリュフ風味。


▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 05:07 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年11月14日
All Rights Reserved./Skin:oct