ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Gringet B その2
VIVC2 のグランジェパスポートデータはこちら、親子関係の欄には ROUSSETTE BASSE DE SEYSSELE とリンクがあり、恐らくルセット・バス・ド・セイセルはグランジェの子孫と考えられるはず(逆という場合もあるが)。

シノニムは3つだけ

GRINGET GRAS
GROS GRINGET
PETIT GRINGET

直訳すると肥満なグランジェ、でかいグランジェ、ちっちゃなグランジェと相反するようなシノニムである。

さてアペラシヨン・ヴァン・ド・サヴォワで当該葡萄が使えるのは次の場合に限る訳である。先ずは主要葡萄として使う場合

Denomination geographique complementaire ≪ Ayze ≫ (vins blancs tranquilles et vins blancs mousseux).
- cepage principal : gringet B ;
- cepages accessoires : altesse B, roussette d'Ayze B

その栽培割合については

Denomination geographique complementaire ≪ Ayze ≫ (Vins blancs tranquilles et vins blancs mousseux).
- La proportion du cepage gringet B est superieure ou egale a 50 % de l’encepagement de l’exploitation :
- La proportion de chacun des cepages accessoires est inferieure ou egale a 30 % de l’encepagement de l’exploitation.

地域名称アイズを伴うヴァン・ド・サヴォワの主要葡萄はグランジェでその栽培規定は 50% 以上と定められている。補助葡萄はアルテスとルセット・ダイズで栽培割合規定は 30% 以下。この場合補助葡萄は使わなくても良いという規定でありグランジェだけでワインを造っても何ら問題はない。

グランジェを補助葡萄として使える可能性のあるのは

Denominations geographiques complementaires ≪ Crepy ≫, ≪ Marignan ≫, ≪ Marin ≫, ≪ Ripaille ≫
- cepage principal : chasselas B ;
- cepages accessoires : aligote B, altesse B, chardonnay B, gringet B, mondeuse B, roussette d’Ayze B, velteliner rouge precoce Rs.

栽培割合規定は

Denominations geographiques complementaires ≪ Crepy ≫, ≪ Marignan ≫, ≪ Marin ≫, ≪ Ripaille ≫
La proportion du cepage chasselas B est superieure ou egale a 80 % de l’encepagement de
l’exploitation

地域名称クレピ、マリニャン、マリン、リパイユを伴うものの主要葡萄はシャスラ。補助葡萄としてアリゴテ、アルテス、シャルドネ、当該葡萄のグランジェ、モンドゥーズ・ブランシュ、ルセット・ダイズ、ヴェルトリナー・ルージュ・プレコスを規定しているがその栽培面積比率は 80% 以上が主要葡萄即ちシャスラである。上記のアイズと同じくシャスラ 100% で造られる場合が殆どと考えて良い。

| ワイン雑感 |
| 05:28 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年10月17日
All Rights Reserved./Skin:oct