ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第377回クードポール・ワインを楽しむ会
天満橋クードポールさんのワイン会、31年半もの長きに渡りワイン選びと説明役を担当しているのがこの私。私の職業はワインとは全く無関係、ロードレーサーやトライアスロンバイクなどスポーツ用自転車の企画・製造・販売を行っている。ワインは飲む側の立場であり、飲む側の人間だからこそ旨いワインを知っている訳である。


アミューズグールは鯵のマリネのサラダ、乾杯は毎回シャンパーニュのプレミアム物。シャンパーニュは瓶内第2次醗酵の期間が長いものを選ぶことにしている。シャンパーニュは澱との同居により旨味が生成され熟成もする訳だがデゴルジュマンの後は劣化の一途を辿る。無理矢理酸を際立たせてデゴルジュマンの後も熟成するというシャンパーニュも存在するが、熟成より劣化の進み具合が大きい物があることを忘れてはいけない。


前菜は床節と海老のフリカッセ、タイ米みたいに見えるのはリゾーニ。


前菜2皿目は茸のヴルーテ、フォワグラ添え。濃厚な茸のスープが実に美味。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 02:24 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年10月07日
All Rights Reserved./Skin:oct