ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Graisse B




グレス、ワイン用と云うより専らアルマニャックの原料葡萄として用いられた白葡萄である。ネットでは次の表現を見掛ける、似たようなフランス語の文章も散見するが

The pulp of the grape is characterized by its high viscosity levels which can create some difficulties in winemaking to produce a wine.

要するに「葡萄の果肉を潰すと粘り気が出るのでワイン造りが面倒」ということ。

にわかには信じ難い内容だが、これはとあるワイン評論家の話であり、似たような話ではシャンパーニュに於いてピノ・ムニエが標的にされたことがあった。「ピノ・ムニエはねちゃつく」、確か15年ほど前聞いたように記憶している。

「ワイン評論家諸氏の発言はそのまま鵜呑みにすることは出来ない」という代表的な例かも知れない。

昔はピノ・ノワールとピノ・ムニエは別種とされていたが、ピノ・ムニエはピノ・ノワールの突然変異による(葉の裏側がピノ・ノワールとは異なる)葡萄であり、果肉が粘ることなど無い。

さてグレスを使うことが出来るのは AOC では唯一アルマニャックであり、ユニ・ブラン(正式名称トレッビアーノ・トスカノ)、フォル・ブランシュ、第3の葡萄としてバコ・ブランを挙げているのがアルマニャックの公式サイト。第4の葡萄としてコロンバールを挙げているが専らアルマニャック用としてではなく白ワイン用として栽培されているのが現状であり、さらに当該葡萄は近年生産者たちの間で復活させる動きがあるという。

今後の栽培面積の推移を見守るとどちらの言い分が正しいか分かるだろう

2013年 1月、グレスは拙ブログのこちらで紹介した。当時の VIVC パスポートデータもリンクしているので参考になるはず。現在新しい VIVC2 のデータはこちら、相変わらずグレスの父親は未解明のままだがホイニッシュ・ヴァイスが母親であるのは間違いない。シノニムは2つ増えているのが分かる。

その中の「PLANT DE GRAISSE」プラン・ド・グレスが現地アルマニャックで使われているのはアルマニャックの公式サイトを見るとすぐ分かるはず。
| ワイン雑感 |
| 05:49 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年09月30日
All Rights Reserved./Skin:oct