ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Goldriesling B




ゴールドリースリング、拙ブログでは 2013年 1月にこちらで取り上げた。画像はいつもこちらから拝借しているが、このサイトでは当該葡萄ゴールドリースリング、フランス全土で 1979年の時点で 6ha という栽培面積だった。

しかし現在 VIVC のデータによると(サイトから Table of area をクリックすると開く)1988年で 0.7ha2011年ではさらに減って 0.1ha 即ち僅か 10a しか栽培されていない

親子関係については

Pedigree as given by breeder/bibliography RIESLING × COURTILLIER MUSQUE PRECOCE

Pedigree confirmed by markers RIESLING WEISS × MALINGRE PRECOCE

Prime name of parent 1 RIESLING

Prime name of parent 2 MALINGRE PRECOCE

Parent - offspring relationship

Breeder  Oberlin, Christian

Breeder institute code

Breeder contact address  Institute Viticole Oberlin

Year of crossing  1893

即ち交配に関わったクリスチャン・オベルラン氏の発表によるとリースリングクルティリエ・ミュスケ・プレコス(正しくはCOURTILLIER MUSQUÉ PRÉCOCE)の交配。

遺伝子の解析によるとリースリング・ヴァイスマラングル・プレコスMALINGRE PRÉCOCEの交配によるもの。

さてここで問題なのは母親の正式名称が「RIESLING」となっていてリンクが無いことである。父親の MALINGRE PRECOCE にはリンクがあるが父親は正式名称 RIESLING WEISS では無いということだろう。

以前は載っていなかったのに、レ・セパージュ・フランスのサイトに新しいページが増えていた。しかしこちらではリースリングとミュスカ・ド・ソミュールの交配によるものとしている。

Muscat de Saumur を VIVC の検索にかけると唯一ヒットするのが正式名称 MUSCAT PRECOCE DE SAUMUR ミュスカ・プレコス・ド・ソミュール。この葡萄とリースリングの交配を調べると

AROMRIESLING 637

FRUEHRIESLING 4271

という2つの葡萄がヒットするが当該葡萄ゴールドリースリングは含まれない。従って現在のところ「リースリングとミュスカ・ド・ソミュールの交配」である可能性は低い。

さてゴールドリースリングはオーストリアにも伝搬したらしいが、VIVC のデータではオーストリアの栽培面積のデータは乗っておらず、ドイツでの栽培面積 12ha は確認出来る。



そのドイツでゴールドリースリングを使ったワインが実際に存在するので紹介しておこう。Goldriesling VDP. Gutswein QbA trocken - Weingut Schloss Proschwitz ヴァイングット・シュロス・プロシュヴィッツが生産する白ワイン、日本にも輸入されているようだ。

ゴールドリースリングは生まれ故郷フランスでは僅か 10a だけの栽培、恐らく研究所の畑で保護栽培されているだけであろう。

然るに法律上は次のような葡萄規定が残っている。

| ワイン雑感 |
| 05:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年09月26日
All Rights Reserved./Skin:oct