ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Gewurztraminer Rs もしくはGewurztraminer Rg
ゲヴュルツトラミネール、果皮の色についてはロゼとする説とルージュとする2つの説がある。フランス政府はロゼを支持し、VIVC ではルージュと区別している。画像をご覧頂こう、先ずはロゼ派を代表してフランスで栽培される葡萄のサイトから葉の画像を



次に葡萄房の画像を



この画像を見る限り果皮の色はロゼであるはず。

ところが、やたらと IGP の葡萄規定に拘るサイトから次の画像をご覧頂こう。



こちらは見るからに美しいルージュではないか!

ゲヴュルツトラミネールの果皮色はロゼなのかそれともルージュなのか、意見が分かれるのはそれなりに理由があるはずだが、果実が完熟したときの果皮色はやはり赤、即ちルージュであろう。


▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 06:43 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年09月25日
All Rights Reserved./Skin:oct