ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Ganson N




ガンソン、1958年にINRA フランス農学研究所で人工交配により生まれた黒葡萄、拙ブログではこちらで紹介した。

VIVC のパスポートデータはこちら、魚拓を取っておかないと次々に更新されてしまうので、現時点でのデータであることに留意頂きたい。親子関係は

Pedigree as given by breeder/bibliography GRENACHE NOIR × JURANCON
Pedigree confirmed by markers GRENACHE × JURANCON NOIR
Prime name of parent 1  GARNACHA TINTA
Prime name of parent 2  JURANCON NOIR

INRA による交配データはグルナッシュ・ノワール×ジュランソン。遺伝子分析の結果はグルナッシュ×ジュランソン・ノワール。正式名称で云うと母親はガルナッチャ・ティンタ、父親はジュランソン・ノワールという意味である。

ガルナッチャ・ティンタはスペイン原産の黒葡萄、ジュランソン・ノワールはフランス原産の黒葡萄で、ジュランソン・ノワールの親子関係は

Pedigree confirmed by markers FOLLE BLANCHE B × COT N
Prime name of parent 1  FOLLE BLANCHE
Prime name of parent 2  COT

フォル・ブランシュ(白葡萄)を母、コット(マルベック)を父として生まれたのだが、拙ブログのこちらで書いたようにフォル・ブランシュの親子関係がフランスで忌み嫌われたグエの子孫から改められ全くの白紙状態になってしまった。

このように定説が覆されることが多々ある訳だから、葡萄の親子関係については常に新しい情報を取り入れるよう心掛けるべきである。

さてグルナッシュ・ノワールにジュランソン・ノワールという如何にも濃厚なワインとなりそうな気配だが、フランス全土で栽培されるのは僅か 3ha であり、専ら IGP もしくはヴァン・ド・フランスに使われているようだ。

当該葡萄が使えるフランスの IGP についてはそれに詳しいこちらのサイトを参照頂きたい。

画像はいつものフランスで栽培される葡萄のサイト から拝借した。
| ワイン雑感 |
| 01:55 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年09月17日
All Rights Reserved./Skin:oct