ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Gamay Fréaux N




本来の名称はGAMAY TEINTURIER FREAUX となっているもののフレオーと読むためには「E」にアクサン・テギュが必要、英語表記なので問題である。

ガメイ・タンチュリエ・フレオーの VIVC パスポート・データはこちら、ガメイ・タンチュリエ・ド・ショードネと同じくガメイ・タンチュリエ・ド・ブーズの突然変異による葡萄ということ。画像はフランスで栽培される葡萄のサイトから拝借した。

地名
を示すブーズ、ショードネとは異なり、Fréaux は形容詞「忠実な、忠義な」であるため前に「de」は付かない。

シノニムは次の通り23

BARVARICA
BOJADISERKA
FREAM
FREAU
FREAUX
FRIAUX
GAMAY BOJADISER
GAMAY FREAUX
GAMAY TEINTURIER
GAMAY TEINTURIER CRNI
GAME BARVARICA
GAME BOJADISAR
GAME BOJADISER
GAME FREO
GAME TENTURIJE
GAUMET FRIAUX
TEINTURIER DE COUCHEY
TEINTURIER FREAUX
TEINTURIER LE ROY
TEINTURIER SUPERIEUR
TEINTURIER SUPERIOR
TENTYURE FREO
VIOLET DE SAINT-DENIS

画像から判断する限り葡萄の房が他のものより小さい。またワインを造るとよりタンニンが強いとする文献を散見する。しかしアペラシヨンのカテゴリーにこの葡萄の名は存在しない。

画像を拝借したサイトによると 2011年のデータだが、フランス全土で栽培されるガメイ・タンチュリエ・フレオーは 42ha 。やはり AOC ワインに使えない葡萄は廃る一途を辿るのだろう。IGP には使えるがこちら はあくまで参考までに。
| ワイン雑感 |
| 04:05 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年09月14日
All Rights Reserved./Skin:oct