ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Crouchen B




画像はフランス政府筋のサイト IFV からウェブ魚拓 を取り拝借した。IFV にもピレネーはランド県に 60a (0.6ha)しか栽培されていないとある。その内半分の 30a を栽培しているのは、この1軒の農家 に違いないはず。

現在の VIVC パスポートデータはこちら、拙ブログでは 2012年にこちらで取り上げた。VIVC によるとシノニムは 25 報告されており次の通り。

BASQUE
CAPE RIESLING
CHERI CERRATIA
CLARE RIESLING
COUGNET
CROCHENTA
CROUCHEN BLANC
CRUCHEN
CRUCHEN BLANC
CRUCHENTA
CRUCHENTON BLANC
GRAND BLANC
KAAPSE RIESLING
MESSANGE BLANC
MESSANGES BLANC
NAVARRE BLANC
PAARL RIESLING
RIESLING
RIESLING VERT
S. A. RIESLING
SABLE BLANC
SALES BLANC
SOUTH AFRICAN RIESLING
TROUCHET BLANC
ZURIZERRATIA

シノニムに SABLE BLANC 、SALES BLANC があるがそれこそこの農家の造るワイン、昔の VDQS 「Vin de Sable」から生まれたはずのもの。ちなみに現在の法令では IGP LANDES (昔の Vin de Pays des Terroirs landais )の Sables de l'Océan がそれに相当する。

ちなみに IGP LANDES の法令は地域別に次の4つに分けられ

- ≪ Coteaux de Chalosse ≫
- ≪ Cotes de l’Adour ≫
- ≪ Sables fauves ≫
- ≪ Sables de l’Ocean ≫

4つ目のサーブル・ド・ローシャンの範囲は上記の農家のあるコミューンを含む。

La recolte des raisins beneficiant de l‘indication geographique protegee ≪ Landes ≫ completee du nom de l’unite geographique ≪ Sables de l’Ocean ≫ est realisee sur le territoire des communes suivantes du departement des Landes :
- canton de Soustons : communes de Soustons, Azur, Messanges, Vieux-Boucau-les-Bains, Moliets-et-Maa, Seignosse, Soorts-Hossegor,
- canton de Saint-Vincent-de-Tyrosse : communes de Capbreton, Labenne,
- canton de Castets : communes de Leon, Lit-et-Mixe, Vielle-Saint-Girons.

またその葡萄規定は白ワインに関するものだけ抜粋すると

5 . Encepagement
Les vins beneficiant de l’indication geographique protegee ≪ Landes ≫ sont produits a partir de l’ensemble des cepages classes en tant que varietes de vigne conformement a la reglementation communautaire et nationale en vigueur.
Les principaux cepages entrant dans l’elaboration des vins de l’indication geographique protegee ≪ Landes ≫ sont :
Pour les cepages blancs :
aranel B, arriloba B, baroque B, chardonnay B, chasan B, chenin B, clairette B, clairette rose Rs, claverie B, colombard B, courbu B, crouchen B, gros manseng B, liliorila B, listan B, mauzac B, mauzac rose Rs, merlot blanc B, meslier saint francois B, muscadelleB, ondenc B, perdea B, petit courbu B, petit manseng B, raffiat de moncade, sauvignon blanc B, sauvignon gris G, semillon B, ugni blanc B, villard blanc B.

当該葡萄の名もそこにある。

また同じくシノニムの MESSANGE BLANC そして MESSANGES BLANC もこの農園のある場所、ランド県のコミューンの名前 Messanges からとったものと考えられる。Messanges の場所はこちら 、バスク地方スペインとの国境付近しかも大西洋に面した辺りである。

クルーシェンはまたスペインのバスク地方でオンダラビ・ズリと混同されているかも知れない葡萄の一つ。拙ブログ、クルビュ・ブラン のところで書いた通りである。

Dico du Vin のサイト を見るとフランスでは僅か 0.6ha に過ぎないが南アフリカとさらには遠く離れたオーストラリアでは両方で 1,000ha ほど栽培されているのが現状のようだ。つまり原産国フランスでは絶滅危惧種、南アフリカとオーストラリアでは人気の葡萄と云うこと。

南アフリカでの代表的呼称は Cape Riesling ケープ・リースリング、一方のオーストラリアでは Clare Riesling クレア・リースリング、両国とも何故かリースリングという呼び名で通っているのが不思議かも知れない。クルーシェンとリースリングは親子や親戚といった関係は全く無い。クルーシェンから造られたワインの味香りが似ているのだろうか。

フランス葡萄に詳しいサイトはこちら、役に立たないかも知れないがこんなサイト もあるにはある。

さてフランスでは 60a しか栽培されていないはずの葡萄クルーシェン、由緒正しいフランス原産であるならフランス政府はその栽培を奨励し、フランスでの復権を図るべきと考える。

| ワイン雑感 |
| 03:06 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年06月29日
All Rights Reserved./Skin:oct