ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第 373 回クードポール・ワインを楽しむ会
定例は第1木曜の開催だがメンバーの都合により第4木曜午後8時の開催と変更になった。隣のテーブルは中国語が飛び交う、まるで香港で食事しているみたい。


アミューズ・グールはガスパチョと馬肉のタルタル。タルタルと云うより刺身みたいな感じだが画像では色が飛んでしまった。シャンパーニュはグラン・クリュのシャルドネ・ブラン 100% のエクストラ・ブリュット。ドザージュなど極微量でシャンパーニュ本来の香りと味が楽しめる。


続いてシャンパーニュを飲みながら前菜、夏野菜と鱧そして鮑、海老のジュレ寄せ、パッションフルーツ・ヨーグルトソース。


温かい前菜はリー・ド・ヴォーとジロール茸のフリカッセ。ワインはプロヴァンス地方ながら独自のアペラシヨン・バンドールを有するロゼ 2015年。ブラッシュ・ワインのような仄かなロゼ色、しかし味わいは実に深い。



▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 11:41 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年06月25日
All Rights Reserved./Skin:oct