ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第 199 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
いよいよ来月第200回目となる英ちゃん会、本日も特選素材が続出。


まずは名物の一つ「蛍烏賊沖漬け」、これがシャンパーニュ・ロゼとよく馴染む!


口取りは真ん中に梅、フルーツトマトにミニオクラ、イシモロコの甘露煮に花山椒と焼き若布。


本日の特選素材鮎魚女。造りと焼き霜造り、皮湯引きと肝、胃袋。コリコリとした食感にビックリ。


春の煮魚は目張に限る!


所謂デンスケアナゴとはマアナゴの雌のこと。木の芽焼きだが次回は白焼きを頼みたい。


▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 02:59 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年05月15日
All Rights Reserved./Skin:oct