ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第 198 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
1999年 11月が初回だったはず。あと2回で200回目を迎えるホンマモンの美食とワインの会。長年続くのもホンマモンだからこそ。


先付けは温かい天然鯛白子を特製英ちゃんポン酢で。


口取りは蛍烏賊自家製姿干し、鯛の子煮、うるいお浸し、蕨に一寸豆。干物には上喜元純米吟醸。


本日の特選素材、桜鯛。背と腹そして皮湯引き、おまけに松皮造りに肝と胃袋の湯引きまで添えられる。まさに極上の桜鯛。


焼き筍。好みで申し上げると太短い物が有り難かったかも。木の芽味噌で食す。


鰆の幽庵焼き。


▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 03:25 PM | comments (0) | trackback (x) |

ある上場会社の造った豆腐
豆腐について考える。好みとは別のお話なのでご理解頂きたいと思う。


サンプルを頂いたのは外食産業も手がけるメーカーの自社生産豆腐。もめん、ラベルには内容量 300 グラムと表記。水は伏見とのことだがパック込みの総重量は 355 グラム。


パックの水を取り除くと 315 グラム。


皿に移してラップをかけ重量は 632 グラム。これを電子レンジ 700W で4分調理。

▼続きを読む
| こだわり食材 |
| 01:25 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2016年04月19日
All Rights Reserved./Skin:oct