ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワイン大学第366回レストラン・コーイン+白トリュフ
11月のワイン大学定例会は白トリュフの会、何にでもスリスリするのではなく白トリュフの良さを発揮させる方法を考えてみました。


本日のスリスリ用白トリュフの塊だす。びっくりぽんのええ薫り。


とりあえず、いつものおつまみから。中身はおじろ鹿のハムに白トリュフの欠片。


続いてポルチーニの温かいタルトレットにパネイラ。


土佐ジローの卵黄に白トリュフのスライス。卵黄の旨味が秀逸過ぎます。


カリフラワーのクリーム、コンソメジュレ大盛り、蟹肉と3層構造の旨味てんこ盛りカクテル。えげつない旨さだす。


今日のスペシャル、フォワグラのソーテ入り白トリュフのリゾット。強烈な旨さ故卒倒する人続出。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 02:24 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2015年11月13日
All Rights Reserved./Skin:oct