ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Camaralet B 正式名称 CAMARALET FEMELLE



拙ブログでは丁度3年前の今頃、こちらでご紹介申し上げました。ところが現在正式名称が変わってしまったのです。画像は IFV のこちらから拝借しました。フランスはピレネーはベアルヌ原産の白葡萄で AOC ジュランソンと AOC ベアルヌで補助品種としてその名があります。

先ずは2年前の VIVC のパスポートデータをご覧下さい。こちらですが 2015年 5月 21日の改訂版はこちら 、即ち以前の正式名称はCAMARALET DE LASSEUBE (Forvo の発音はこちら )だったのですが、今日現在その葡萄の正式名称はCAMARALET FEMELLE カマラレ・ファメルと改められました。

カマラレ・ファメル、直訳すると雌のカマラレ。日本語的にはかなり微妙なのですけど。

また CAMARALET をシノニムとする葡萄は3種類に増えており、正式名称も同じ CAMARALET という葡萄が新たにオンリストされています。こちらをご覧下さい。シノニムは CAMARALET BLANC と CAMERALET DE LASSEUBE 。

さらに拙ブログで以前説明させて頂いた CAMARAOU BLANC カマラオウ・ブラン(カマロー・ブラン)ですが、この葡萄のペディグリーが解明された模様で、こちらをご覧頂けるとお分かりになるはずです。コピーさせて頂くと

Pedigree confirmed by markers CAMARALET FEMELLE × PLANT DE DUBOSC 2
Prime name of pedigree parent 1 CAMARALET FEMELLE
Prime name of pedigree parent 2 PLANT DE DUBOSC 2

父親のプラン・ド・デュボスク・ドゥーはこちら の黒葡萄です。

このCAMARAOU BLANC にはCAMARALET、CAMARAOU、CAMARAU PETIT、 CAMARAUE BLANC、CAMAROO、CAMAROO というシノニムがあり、当該葡萄の CAMARALET FEMELLE カマラレ・ファメルにはCAMARALET、CAMARALET A FLEURS FEMELLES、CAMARALET BLANC、CAMARALET DE LASSEUBE という4つのシノニムがあります。

ですからカマラレをシノニムとする3つの葡萄は混植されていた可能性が高いように思います。よくよく調べてみたら3種の異なる葡萄と云うことがようやく分かったと云うことでしょう。

フランス政府が登録している「Camaralet B」は正式名称 CAMARALET FEMELLE で間違いありません。こちらに明記されています。

ですがフランスの葡萄に詳しいサイトではこちらの通り CAMARALET DE LASSEUBE を使っています。これからは名前が変わるはずですのでウェブ魚拓を取っておきます。

尚、プティ・カマローというシノニムはフランス語のサイトにはあるのですが VIVC には登録されていません。こちらとかこちらに登場しております。

葡萄の遺伝子解明はまさに今始まったばかりと申し上げても過言ではないはず。さらなるどんでん返しがあるかも知れません。
| ワイン雑感 |
| 04:36 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2015年11月04日
All Rights Reserved./Skin:oct