ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Calabrese N


カラブレーゼ、フランス語読みするとカラブレーズになるはずですが、本来はイタリア原産の葡萄ですのでイタリア語読みしてカラブレーゼ。名前からはイタリア半島のつま先、カラブリア州原産と思われがちですが実はシチリア原産という説が濃厚であります。

画像はフランスで栽培される葡萄のサイトのこちらから拝借しました。葉の形状が丸いのが特徴ですね。ワインの名前として使われるのは専らネロ・ダーヴォラというシノニム。カラブレーゼと云うよりネロ・ダーヴォラの方が一般的であります。

しかしながらネロ・ダーヴォラと呼ばれる葡萄、実は2つ存在します。当該葡萄以外のそれは正式名称 CALABRESE DI MONTENUOVO カラブレーゼ・ディ・モンテヌオーヴォ。この長ったらしい名前の葡萄、シノニムはCALABRESE MONTENUOVO、NERO D'AVOLA、SANGIOVESE と3つあり、サンジョヴェーゼとも呼ばれていることから正式名称で申し上げるとカラブレーゼ、カラブレーゼ・ディ・モンテヌオーヴォそしてサンジョヴェーゼの3種はしばしば混同されていた可能性が大きいと云うことが分かります。

このカラブレーゼ・ディ・モンテヌオーヴォについては拙ブログのこちらをご覧下さい。

また正式名称サンジョヴェーゼは今の時点で交配種であったことが確認されています。ですがそのルーツは2説あるので要注意であります。サンジョヴェーゼの現在の状況については拙ブログのこちらと、もう一つこちらをご覧頂けると幸甚に思います。

さて話をカラブレーゼに戻します。イタリア原産の葡萄を敢えてフランスが取り上げるのは如何なものかと申し上げたいのですが、フランス国内でこの葡萄を使ってワインが造られているのはごく最近のことのはずです。IFV のサイトには外来の葡萄をフランス政府が取り上げたことについてこちらで書いてあります。

VIVC のデータベースからカラブレーゼのシノニムは現在のところ22報告されており次の通りです。(2017年7月現在さらに増えて25のシノニムがあります。こちらをご覧下さい)

ALBA DE CALABRIA
CALABRESE CAPPUCIU NERO
CALABRESE D'AVOLA
CALABRESE DE CALABRIA
CALABRESE DI NOTO
CALABRESE DOLCE
CALABRESE NERO
CALABRESE PITTATELLO
CALABRESE PIZUTO
CALABRESE PIZZUTELLO
CALABRESE PIZZUTELLO CON LA FOGLIA ROTONDA
CALABRESE PIZZUTO
CALABRESER WEISS
CALABRIA
CALABRIAI FEKETE
CALABRISI D'AVOLA
FEKETE CALABRIAI
KALABRIAI FEKETE
NERO D'AVOLA
RAISIN DE CALABRE NOIR
STRUGERI DE CALABRIA
UVA DE CALABRIA

イタリアではこちらの通りシチリアの各 DOC でごく一般的に使われていますが今のところフランスのアペラシヨンでこの葡萄を使うものはないはずです。今後の法令改正により使えるようになるのでしょうね。
| ワイン雑感 |
| 05:24 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2015年10月24日
All Rights Reserved./Skin:oct