ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourboulenc B 続きその2
そして次は AOC Tavel タヴェルです。白葡萄 ブルブランクを主要葡萄としているアペラシヨンについて書いていますが、タヴェルは辛口ロゼだけのアペラシヨンであります。ローヌ河右岸の2つのコミューン(ロックモールとタヴェル)だけに与えられるアペラシヨンで、対岸には有名なシャトーヌフ・デュ・パープがあります。

AOC Tavel の葡萄規定は次の通り

Les vins sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : bourboulenc B, cinsaut N, clairette B, clairette rose Rs, grenache blanc B, grenache gris G, grenache N, mourvèdre N, piquepoul blanc B, piquepoul gris G, piquepoul noir N, syrah N ;
- cépages accessoires : calitor N, carignan blanc B, carignan N.
2°- Règles de proportion à l’exploitation
a) - La proportion de l’ensemble des cépages grenache N, grenache blanc B et grenache gris G est supérieure à 30% et inférieure à 60 % de l’encépagement ;
- La proportion de chacun des cépages principaux est inférieure ou égale à 60 % de l’encépagement ;
- La proportion de chacun des cépages accessoires est inférieure ou égale à 10 % de l’encépagement.
b) - Ces obligations ne s’appliquent pas aux opérateurs producteurs de raisins ne vinifiant pas leur production et exploitant moins de 1,5 hectare en appellation d’origine contrôlée.

主要葡萄だけでもかなりの数です。当該葡萄ブルブランクを筆頭にサンソー、クレレット・ブランシュとクレレット・ロゼ、グルナッシュ・ブラン、グルナッシュ・グリそしてグルナッシュ・ノワール、ムルヴェドル、ピクプール・ブラン、ピクプール・グリそしてピクプール・ノワールにシラーと主要葡萄だけで12種、補助葡萄としてカリトールとカリニャン・ブランとカリニャン(ノワール)、合計15種類となっています。

タヴェルに必ずブレンドしなければならない葡萄はグルナッシュ・ブラングルナッシュ・グリ(いずれもグルナッシュ・ノワールの突然変異)、そしてグルナッシュ・ノワールで最低30% 必要で 60% 未満。また他の主要葡萄はそれぞれ単独で 60% 超えてはならない。要するにグルナッシュ3種が必要でありブルブランクは必ずしも必要とはされないマイナーな主要葡萄と云うことになっています。

また 1.5ha に満たない葡萄栽培醸造家の場合これらの規定は適用されないことになっています。即ち何をどれだけ使っても構わないと云うこと。

しかし大手の生産者例えばシャプティエなんかの場合は例外を認められる訳はなく100% グルナッシュなどのタヴェルはあるはずがないのですけどネットでは出ていますね。

タヴェルの醸造法は所謂セニエのはずですが、セニエといえば黒葡萄の醸造法であり、白葡萄である当該葡萄の他クレレット、ピクプール・ブランなどの混醸は普通で云えばあり得ません。その辺りはタヴェル醸造法のシークレットと云うことでしょう。

結論で申し上げるとタヴェルにてブルブランクはあまり必要とされない名目上の主要葡萄であります。

| ワイン雑感 |
| 11:50 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2015年09月06日
All Rights Reserved./Skin:oct