ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourboulenc B 続き
次は南部ローヌの AOC リュベロン、昔はVDQS (Côtes du Luberon 1951 ~ 1998)、その後アペラシヨンを取得しました(AOC Côtes du Luberon 1999 ~ 2009)。今の名称 AOC リュベロンになったのは 2009年 9月のこと。

昔のお話しで恐縮ですが 1980 年頃でしたでしょうか、商標名だったか忘れましたが「ラ・ヴィエイユ・フェルム」という名前のワイン、確かインポーターはグレン・山崎氏が社長をやってたはずの会社のバークレイ。そのラ・ヴィエイユ・フェルムの赤はコート・デュ・ヴァントー、白が当時の呼称でコート・デュ・リュベロンでした。

その白ワインの葡萄規定ですが1996年当時のAOC コート・デュ・リュベロンの法令を顧みると

b) Vins blancs (obligatoirement assemblages de plusieurs cépages) :
Cépages principaux : Grenache blanc, Clairette blanche, Bourboulenc blanc, Ugni blanc, Vermentino dit "Rolle".
L'Ugni blanc ne doit pas dépasser 80 % de l'encépagement de l'ensemble des parcelles produisant ces vins.
Toutefois, à partir de 1990, l'Ugni blanc sera limité à 70 % de l'encépagement et à partir de 1995 à 50 %.
Cépages secondaires : Roussanne blanc, Marsanne blanc.
Les cépages secondaires, ensemble ou séparément, ne doivent pas représenter plus de 20 % de l'encépagement.

ところが現在の AOC リュベロンの葡萄規定は白ワインだけに限ると

Les vins blancs sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : bourboulenc B, clairette B, grenache blanc B, marsanne B, roussanne B,
vermentino B (localement dénommé Rolle) ;
- cépage complémentaire : ugni blanc B ;
- cépage accessoire : viognier B.

- La proportion du cépage ugni blanc B est inférieure ou égale à 50 % de l'encépagement ;
- La proportion du cépage viognier B est inférieure ou égale à 10 % de l'encépagement.

ご覧頂いた通りフランスのワイン法もコロコロ変わる訳です。

昔の主要品種はグルナッシュ・ブラン、クレレット・ブランシュ、ブルブランク、ユニ・ブラン、そしてロールと呼ばれるヴェルメンティーノ。当時はユニ・ブランが多用されていた模様で1955年以降は50% 以下に制限することを盛り込んであります。第2品種としてルサンヌとマルサンヌを併せてまたは個別で20%以下ですが必要だった模様です。

ところが現在の法律では主要品種としてブルブランク、クレレット、グルナッシュ・ブラン、マルサンヌ、ルサンヌ、ヴェルメンティーノで、必ずブレンドしなければならないのが50%を上限としてユニ・ブラン(正式名称 TREBBIANO TOSCANO)。昔はその名が無かったヴィオニエが補助品種として10% を限度として認められています。

今取り上げているブルブランクに関しては主要品種の一つではありますがこのアペラシヨンに絶対不可欠という訳ではありません。

つづく
| ワイン雑感 |
| 06:23 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2015年09月02日
All Rights Reserved./Skin:oct