ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bia B

画像はこちらのサイトから拝借しました。正式名称は BIA BLANC 、読み方ですがシノニムから考えるとビヤではなく「ビア」のように思います。画像を拝借したサイトによるとビア・ブラン、ビア・グリともほぼ絶滅した葡萄とのことですが、3年前の拙ブログで取り上げた通り、今尚この葡萄の栽培を続ける生産者がいます。

フランスで栽培される葡萄のサイトによるとビア・ブランはフランス全土での栽培面積は僅か 0.1ha だけであります。恐らく1軒の農家でしか栽培されていないはず。

この葡萄を育てている生産者はこちら、日本にインポーターが存在しているのか日本語によるこんなサイトがあります。サイトの魚拓はこちら。このサイトに当該葡萄の画像はありますが残念ながら葡萄の説明、またそのワインについては何ら触れられてはいません。
この葡萄を紹介しているのは生産者のサイトからこちらをご覧下さい。

この生産者が栽培していると思われる古代品種 le persan , le verdesse , l'étraire de l'adui , le servanin 並びにla sérènèze , le mècle , le bia, le salagnin(これはシノニムで正式名称は Servanin ), le joubertin , l'onchette (フランス政府の葡萄カタログには載っていないため省略、ペディグリーについてはこちら) の殆どは拙ブログで取り上げています。

ビア・ブランの VIVC パスポートデータはこちら、原産地はフランスのローヌもしくはジュラでシノニムは3つだけ

BEAR
BEARD
BIARD

フランス全土で僅か 0.1ha しか栽培されていない白葡萄、生産者は見つかったものの果たしてその葡萄からワインが造られているのでしょうか?

| ワイン雑感 |
| 06:11 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2015年07月31日
All Rights Reserved./Skin:oct