ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

クードポール第362回ワインを楽しむ会
初めてお越し頂いた方が3名、うちお一人は前回のワイン会のとき、たまたまお隣の席に居合わされた方でした。ワイン会というと「ワインを勉強する会」と思われがちですが、飲んで食べて楽しむ会というのがこの会のモットーであります。


先ずはいつものように敢えてグラン・クリュを名乗らないコート・デ・ブランのシャンパーニュで乾杯。ガスパッチョに鱧、ナスタチウムにちっちゃな葉っぱ。夏らしいアミューズ・グールで始まります。


続いて天然鮎のコンフィと野菜のマリネ。小振りですけど鮎の味はしっかりしています。


フォワグラのソテーにゴールドラッシュのパンナコッタ。これはお薦めの前菜です。美味しい!


そしてリー・ド・ヴォーとアリコ・ヴェールのサラダ。椎茸は原木栽培もので香りが素敵です。アリコ・ヴェールはこの太さが重要なのです。これ以上太いと食感が落ちてしまいます。
▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 02:39 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2015年07月03日
All Rights Reserved./Skin:oct