ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワイン大学第360回30周年記念
あっという間に30年が過ぎてしまいました。近鉄百貨店上六店のワイン売り場米本氏のワイン会を引き継いだのが昭和60年のこと。第1回は天満橋のフレンチ「クー・ド・ポール」さん、しばらくは場所を変えずにやって参りました。その後毎回場所を変え月に一度第2木曜日と固定させていただいたのはつい最近のことだったでしょうか。

先日、北新地のとあるお店で遭遇したのが今回お世話になったレストラン・ヴァリエの高井シェフで、快く第360回をお引き受け頂きました。お口添え頂いた吉川様、そしてヴァリエの高井シェフ、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

2015年4月9日、大阪中之島ダイビル2階のレストラン・ヴァリエ、私を含む総勢20名にて30周年の開催であります。


先ずはアミューズ「京都山城筍と春野菜、セロリのゼリー」が登場。


続いて「グリーン・アスパラガスの冷たいヴルーテ」が掛けられます。最初から凝ったアミューズ・ブーシュであります。


続いてプルミエ・オードブル「北海道毛蟹のタブレ、和歌山甲烏賊の炙り、レモンヴィネガー風味、蟹味噌温度卵ソース」。見た目にも綺麗、食べても美味しい前菜であります。


ドゥズィエーム・オードブルは「静岡沼津 赤座海老 ムースリーヌ包み焼き、ラグー・エスカルゴ添え」。


このお料理にも「ソース・シャンパーニュ」が別に加わります。

非常に凝ったお料理ですがこのラングスティーヌは絶品の旨さです。


▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 05:11 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2017/11/30 09:39 AM |
宮崎 雅子 |2017/11/28 04:53 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2015年04月10日
All Rights Reserved./Skin:oct