ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第185回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
本日も特選素材のオンパレード、英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会が始まります。新会員としてワイン大学メンバーのお一人が京都からご参加頂きました。


先ずは「氷魚の桜おろし和え」。釜揚げ氷魚を梅干しの裏漉し+大根おろしで和えてあります。桜のシーズンならではの突きだしです。


口取りは菜の花のお浸し、城下鰈縁骨唐揚げ、うるい酢味噌和え、山葵菜に公魚の南蛮漬けに花穂紫蘇。


お造りは、本日のスペシャル素材大分県日出から直送の城下鰈。皮と肝そして胃袋の湯引きに水前寺海苔が添えられます。透き通った上身はもちろん腹と背が盛り付けられます。日出まで出かけなくても本場以上の美味しさを味わうことが出来るのです。


煮物は飯蛸と里芋留めは木の芽。しっかり目の味付けでワインとよく合います。


鰆の照り焼き、鮮度がよいから特に皮が美味しい。青唐に牛蒡の味噌漬けが添えられ脇役まで十分美味しい。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 01:16 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2015年03月29日
All Rights Reserved./Skin:oct