ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

サンジョヴェーゼの親に関する考察
2013年、ワイン用葡萄に関してフランス政府が公表している「葡萄品種目録」についてアルファベット順に書いて参りました。サンジョヴェーゼについてですが、フランス政府の見解は正式名称 Sangiovese ではなく Nielluccio として公式に政府公認葡萄としています。まあお国変われば呼び方が違っても問題ないのかも知れませんけどね。

そのとき取り上げた記事はこちら、続編もご覧頂ければ有り難いのですが、今年になってからもサンジョヴェーゼについてこちらに書きました。

その時点で取っておいたウェブ魚拓をご覧下さい、こちらです。

サンジョヴェーゼの「親」については何ら記載がありませんね。

ところが本日気付いたのですがサンジョヴェーゼのパスポートデータを見てびっくり! また変更されることもあるはずですのでウェブ魚拓を取りました。こちらです。

おやおや、注釈まで付いてますがサンジョヴェーゼの「親」について2通りの記載があります。コピーさせて頂くと次の通り。

Prime name : SANGIOVESE N Variety number VIVC : 10680

Prime name of pedigree parent 1 : FRAPPATO DI VITTORIA N
Prime name of pedigree parent 2 : FOGLIA TONDA N

Source of SSR-marker data:
Source code Bibliography
40306 LACOMBE, T.; BOURSIQUOT, J.M.; LAUCOU, V.; Di VECCHI-STARAZ, M.; PEROS, J.P.; THIS, P.
Large-scale parentage analysis in an extended set of grapevine cultivars (*Vitis vinifera* L.)
Theoretic Applied Genetics 126 (2) 401-14 2012

Prime name of pedigree parent 1 : GAGLIOPPO N
Prime name of pedigree parent 2 : FOGLIA TONDA N

Source of SSR-marker data:
Source code Bibliography
40306 LACOMBE, T.; BOURSIQUOT, J.M.; LAUCOU, V.; Di VECCHI-STARAZ, M.; PEROS, J.P.; THIS, P.
Large-scale parentage analysis in an extended set of grapevine cultivars (*Vitis vinifera* L.)
Theoretic Applied Genetics 126 (2) 401-14 2012

1番目の説はサンジョヴェーゼの母は「フラッパート・ディ・ヴィットーリア」という黒葡萄、2番目はそうではなく黒葡萄「ガリオッポ」が母であるという説であり、どちらもその父は「フォーリア・トンダ」としています。こちらもウェブ魚拓を取っておきます。

さてこの2つの説、検証して参りましょう。

| ワイン雑感 |
| 05:51 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2014年12月16日
All Rights Reserved./Skin:oct