ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第 179 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
東京からお越しのメンバーさんが復帰され、何と10年ぶりにお越しのマダムも加わり盛会となった第179回、いよいよ来月は15周年です。


先ずは先付けのキノコのおろし和え、青森は北上山地の天然舞茸であります。天然舞茸は原木栽培のものと比べて遙かに強い香りが特徴でしょうね、歯触りも良い、美味しいキノコです。


口取りは真菰筍、紫頭巾、ホースラディッシュの漬け物、茄子の揚げ煮そして秋刀魚の昆布締め。真菰筍の食感が面白い。


お造りは鳥取県からの白烏賊、刺身のつまは大根ではなくキャベツ。烏賊は随分と肉厚で甘い! 烏賊の刺身は山葵より生姜醤油の方が好みなので私にとっては有り難い供し方です。


茂魚の煮付けは牛蒡と共に木の芽で留められますが、刺身に使える最高品質の茂魚ならではの食感が素晴らしい。塩梅、味の染み込ませ方も最高です。


これも本日の特選素材の一つで天然鰻は塩焼きで、胃袋と肝も添えられます。身はもちろんのこと皮の旨さは格別です。美味しいものは一切れだけではもの足りませんね、英ちゃんならたっぷり食べて頂けます。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 03:07 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2014年09月21日
All Rights Reserved./Skin:oct