ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

香港に到着
言い忘れてましたが、最初に案内されたのは 32 階のお部屋。ところがカードキーを差し込んでも赤色 LED が点滅して開きません。近くを通り掛かったメイドさんにお願いしてもやはり開かないままなのでフロントまで降りる羽目になりました。

旅行にトラブルは付き物ですが、トラブルが想い出となって残るのも確かであります。交渉の結果5階上のクラブ・フロアに昇格、やっと一息付けました。

外は豪雨なので散歩にも行けず、プリントアウトして持参したメニューとにらめっこすることに。先ずはコンシェルジュに頼んで今晩の「唐閣」を予約してもらいます。コンシェルジュ・デスクの下には香港版食べログの「オープン・ライス」が開いており、手っ取り早く事を済ませることが出来ました。

唐閣ではセットメニューが用意されていますが8月のそれは次の通りです。

太白醉翁蝦 Drunken prawns

竹笙菜膽鮑翅 Braised shark's fin with fungus, Chinese cabbage in casserole

唐閣片皮雞 Golden-fried crispy "T’ang Court" chicken

清蒸東星斑 Steamed spotted garoupa

一品原隻南非鮑魚 Braised whole abalone with fish maw, Beche-de-Mer and seasonal vegetables

蔥蒜豆豉爆雞 Stir-fried sliced chicken with spring onions, garlic and black bean

和牛粒炒飯 Fried rice with diced Wagyu beef, coriander and olive seeds

鮮果配美點 Fresh fruit and Chinese petit fours

これをそのまま注文するのが普通なのですがアレンジも可能です。2番目のフカヒレをチェンジして代わりに・・・

蟹皇竹笙官燕卷 Stewed bamboo pith rolls filled with imperial bird’s nest and topped with crab roe

こちらと入れ替えて貰おうと思うのです。また怪しげな和牛入りチャーハンは遠慮して麺類にチェンジする予定です。

ホテルのプールは3階にありますが屋外のため風雨が強いと開店休業状態。時間はあっという間に過ぎていきボチボチタクシーで行こうと思ったら時間的に混んでいるから九龍サイドには行けないと断られてしまいます。
どのタクシーに聞いて貰ってもこたえは「ノー」と云うことで仕方なくメトロで行くことに相成りました。

ところが、今まで見たこともない人、人、人の大行列が待っていたのです。


| 食べ歩き |
| 12:09 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2014年08月27日
All Rights Reserved./Skin:oct