ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Cheverny 2010 Domaine Philippe Tessier
フランスはロワールの白ワイン、場所で申し上げるとロワール川の左岸で、ロワールの古城巡りで有名なブロワ城(ロワール右岸)から南東に15kmほどのシュヴルニー城の周辺の AOC シュヴルニー。生産者はドメーヌ・フィリップ・テシエ。

このワインについては拙ブログで何度も取り上げました。こちらを見ると 2003年から 2007年ヴィンテージ(?)まで毎年のように飲んでおりましたが、いつしか忽然と姿を消してしまいました。

以前はモトックス社が輸入していたのですが輸入というお仕事、契約の世界ですので複数年続いたところでその翌年は必ず契約できるかどうか定かではありません。

たまたまネットで見つけたので買ってみると輸入元はこちらに替わっていました。

ドメーヌ・フィリップ・テシエのサイトはこちら、アペラシヨン・シュヴルニーの法律詳細についてはこちらをご覧下さい。

AOC Cheverny に関する条項を見るとその地域としてロワール川の左岸、シェール川より北に位置するロワール・エ・シェール県のいくつかのコミューンに付与されるアペラシヨンで 1973年に VDQS、1993年にアペラシヨンを取得しました。

現在の法律ではシュヴルニーには白、赤そしてロゼがあり、葡萄は2種類以上のブレンドが必至となっています。日本語のサイトではこちらをご覧下さい。赤・ロゼは省略して白ワインに使える葡萄は主要たるソーヴィニョン・ブランとソーヴィニョン・グリ、補完(必須)葡萄としてシャルドネ、シュナン・ブラン、オルボワとありますが正式名称で申し上げると

Sauvignon Blanc
Sauvignon Gris

Chardonnay Blanc
Chenin Blanc
Arbois Blanc

であります。

さてここでホット・ニュースです。ソーヴィニョン・グリについては拙ブログのこちらで取り上げたときはそのオリジンについて不明でしたが 2014年 8月 15日という日付、ということは一昨日更新され、ソーヴィニョン・グリはソーヴィニョン・ブランの突然変異種であることがパスポートデータに載りました。

オルボワはシノニムで正式名称アルボワ・ブラン、拙ブログで取り上げた時点で、このアルボワ・ブランはホイニッシュ・ヴァイスを母とする葡萄と VIVC のパスポートデータにあったにも拘わらず、現在はこちらの通りペディグリーの蘭は空白になってしまいました。即ちホイニッシュ・ヴァイスとの親子関係は抹消されたと云うこと。

葡萄のオリジンについてはまだまだ未解明というのが現在の状況であります。

さて前置きが長くなりましたがこのワイン、昔と変わらずソーヴィニョン・ブランだけのワインと違い特有の香りと刺激の少ない酸味が非常に心地良い、美味しいワインであることをお伝えしたいと思います。

トゥーレーヌ地区ではあまり目立たない存在ですがこの生産者のシュヴルニー・ブランはお薦めの1本であります。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 04:30 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2014年08月17日
All Rights Reserved./Skin:oct