ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ミナミの隠れ家「翠」
予約の取れない一流と言われるお店、過去に何度か足を運びましたが魚の質に問題ありと感付きそれ以降通うのを止めたのですが、その店のすぐ近くにとても良いお店を発見しました。


まずは「玉蜀黍豆腐、蛸柔らか煮、枝豆、生玉蜀黍、出汁のジュレ」。この黄色いお豆腐、玉蜀黍を裏漉ししてゼラチンで固めた物ですが極めてクリーミーな仕上がりに驚きです。


折敷にお造り2皿が盛られ、梅糀と土佐醤油が添えられます。見た目も豪華ですが、内容もスゴイのです。


ガラスの器にはのどぐろの焼き霜、毛蟹の生、そして白身はメイチダイ。このメイチダイ、よく活かっていてとても美味しい。蟹は一部甲羅が残されており手で掴んで食べるには持ちやすいし、その身はとても甘い。あしらいは針茗荷と紅蓼、そして山葵が添えられますがそれらの質も上々です。


鱧の落としに由良の赤海胆をのせて山葵で頂きますが、ペアリングの妙でしょうか、とても美味しく頂きました。


お椀は牡丹鱧、妻は焼き茄子、たたきオクラに蓴菜。椀種に対して妻が大きすぎたのはサービス精神故でしょうか。吸い地が若干甘い目なのが少し気になりました。

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 06:01 PM | comments (0) | trackback (x) |

第177回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
今回は遠く福島県からのメンバーを迎え、東京からお越しのメンバーと共に賑やかな集いと相成りました。


まずは自家製の塩辛「はも子」からスタートです。添えられるのは瓜の厚めスライス。


口取りは鱸の障子焼き、豆鯵の南蛮漬け、茶豆と絹さやの胡麻醤油和え、そしてサマー・フルーツトマト。


旬のお造りは鱸。出所の良い、至って新鮮な鱸なので臭みとかクセなど一切ありません。こりこりした食感に山葵と合わせると最高です。

合わせるワインはマルケ州の赤ワイン。世間では全く騒がれることのない存在ですが飲めば誰もが驚くその旨さ! ワインはお値段に正比例して旨くなると思っておられる方が多いのですが、それは売る側の台詞にまんまとのせられているだけで、味が分かっている人間はその手には引っかからないのであります。


目板鰈の煮付け。夏場の煮魚は難しいので蛸柔らか煮、もしくは茂魚煮付けの方が無難だったのかも知れません。


はもの白焼き。山葵と共に梅肉もしくは醤油で頂きます。天神祭に欠かせない食材ですが、この時期の鱧はまだそんなに脂がのっていません。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 02:06 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2014年07月27日
All Rights Reserved./Skin:oct