ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Romorantin B の父親に相当する葡萄は・・・
ロワールの小さなアペラシヨン、AOC Cour-Cheverny に唯一使うことの出来る葡萄 Romorantin ロモランタンは以前拙ブログのこちらで書きました。2013年 5月 5日の事でしたが、この時点ではロモランタンの父母に相当する葡萄として

Prime name of pedigree parent 1   HEUNISCH WEISS
Prime name of pedigree parent 2   PINOT TEINTURIER

ということが VIVC のロモランタンのパスポートデータに明記されていました。即ちロモランタンの母となる葡萄は正式名称ホイニッシュ・ヴァイス、フランスでは美味しいワインにはならないと忌み嫌われたグエ、もしくはグエ・ブランという葡萄であります。父はピノ・テンチュリエ、ピノ・ノワールの突然変異種で皮剥いた果肉も赤いという中まで色付いた葡萄。

ですけど今このサイトを見ると 2014年 3月 10日に更新され父母が入れ替わっています。コピーさせて頂くと

Original pedigree PINOT TEINTURIER × HEUNISCH WEISS

Prime name of pedigree parent 1 PINOT TEINTURIER
Prime name of pedigree parent 2 HEUNISCH WEISS


葡萄の生い立ちについてはまだまだ未解明な部分が多いと云うことの一例であり、現時点で断定するのは時期尚早と云うこと。

例えば、グリュナー・フェルトリナー。オーストリア原産説を強く支持してそのペディグリーについても解明されたと断言されている方もおられますが、現時点でのデータベースはこちらの通りで原産国はイタリア、両親に相当する葡萄の名前の記載はありません。即ち固有品種もしくは両親については未解明ということ。

話を元に戻し現時点でのロモランタンの父とすべき葡萄ホイニッシュ・ヴァイスであると云うことをご理解頂きたいと思います。ホイニッシュ・ヴァイスのパスポートデータはこちらで現時点では原産国がブランクになっています。つまり原産国不明の果皮色緑(ブランとあるのは白ワイン用の意味)の葡萄でシノニムは 208 もあります。

昔のデータでは原産国オーストリアとなっていましたが歴史的に考慮すると恐らくフランスのはず。フランスの農水省はこの葡萄を登録してはおらず、ドイツとスイスが公式に認めています。コピーさせて頂くと

GERMANY - Weißer Heunisch Heunisch
SWITZERLAND CH54 Gouais     Gwäss

ドイツでの正式呼称はWeißer Heunisch ヴァイサー・ホイニッシュで国が認めるシノニムとしてHeunisch 、スイスの場合はGouais グエが正式呼称でありGwäss がスイスのシノニム。

フランスで忌み嫌われて絶滅したであろうと云われる葡萄が実は現在のロワールの稀少なアペラシヨンに唯一使うことの出来る葡萄の父であったという皮肉な結論であります。



| ワイン雑感 |
| 06:33 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2014年07月22日
All Rights Reserved./Skin:oct