ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Soave Organic 2012 Casa Vinicola SARTORI SPA
麺匠パスタ馬鹿一代で飲んだワイン、有機農法 ソアーヴェ生産者はサルトリ。もちろん葡萄栽培がオーガニックと云うことで、ワイン造りがオーガニック? という意味ではございません。

さてソアーヴェといえば北イタリアはヴェネト州の辛口白ワインの代表でありますが、レチョート・ディ・ソアーヴェ RECIOTO DI SOAVE そしてソアーヴェ・スペリオーレSOAVE SUPERIORE は DOCG に格上げされています。

DOC Soave の規定などはヨーロッパのワイン法に詳しいサイトからこちらを開き右サイドメニューから SOAVE を開いて下さい。重要なポイントだけコピーさせて頂くと

La denominazione di origine controllata “Soave” è riservata ai vini
“Soave”
“Soave” spumante
“Soave” con il riferimento della sottozona classico,
“Soave” con il riferimento della sottozona Colli Scaligeri,

ソアーヴェには上記の通り4つのカテゴリー(普通のソアーヴェ、ソアーヴェ・スプマンテ、樽熟成のソアーヴェ・クラッシコ、ソアーヴェ・コッリ・スカリジェリ)に分類され

I vini a denominazione di origine controllata "Soave" devono essere ottenuti dalle uve prodotte dai vigneti aventi, nell’ambito aziendale, la seguente composizione ampelografica:
Garganega per almeno il 70%,
e per il rimanente da uve dei vitigni Trebbiano di Soave (nostrano), e Chardonnay.
In tale ambito del 30%, e fino ad un massimo del 5%, possono altresì concorrere le uve provenienti dai vitigni a bacca bianca, idonei alla coltivazione per la provincia di Verona.

葡萄は少なくとも70パーセント以上をガルガーネガ(ガルガネーガとちゃいます、発音はこちらを開いてお聞き下さい)が占めなければならない。他の葡萄はトレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ(ローカルな呼称)とシャルドネ、イタリア語は苦手ですので間違っているかも知れませんが、5パーセントの範囲ならヴェローナ県で栽培される白葡萄を混ぜても良いみたいです。

取りあえず名前の挙がった3つの葡萄について、まずはガルガーネガから参りましょう。
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 09:59 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2014年05月31日
All Rights Reserved./Skin:oct