ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

マルヴォワジーとはどんな葡萄なのか?
マルヴァジアはイタリアワインによく使われる白葡萄ですが、よく似た名前のマルヴォワジーって何か、詳しく説明できる人居られますでしょうか?

マルヴォワジーのスペルは「Malvoisie」なのですが、フランス政府公式葡萄カタログにその名 Malvoisie は見当たりません。またこのフランス政府公認葡萄目録には「Malvasia」の名前もありません。

それではマルヴォワジーと呼ばれる葡萄が存在しないのでしょうか?

その疑問について検証してみましょう。

フランスの葡萄に詳しいサイト「Noms des Cepages」からこちらこちらをご覧下さい。

la Malvoisie de Lipari

la Malvoisie de Toscane

マルヴォワジーには異なる2つの葡萄、1つはラ・マルヴォワジー・ド・リパリ、もう1つにラ・マルヴォワジー・ド・トスカヌを挙げています。

では1つ目のラ・マルヴォワジー・ド・リパリとは何か。

これを調べるには VIVC のサイトから左サイドメニューの「Database search 」をクリックしてその下に開く「Cultiver name」をクリックしてボックスに「Malvoisie de Lipari」と入力し、そのボックスの下の「Search」をクリックすると

MALVOISIE DE LIPARI MALVASIA DI SARDEGNA 7266 VITIS VINIFERA LINNÉ SUBSP. VINIFERA BLANC

と表示されるはず。マルヴォワジー・ド・リパリと呼ばれる葡萄はは正式名称マルヴァジア・ディ・サルデーニャであるということ。VIVC の分類上の固有番号は 7266 、ヨーロッパ原産のヴィティス・ヴィニフェラに属する白葡萄で、詳細はこちらをご覧下さい。

即ちノム・デ・セパージュで示されるラ・マルヴォワジー・ド・リパリとはシノニムの一つで正式名称マルヴァジア・ディ・サルデーニャという白葡萄であるということ。ところがこの葡萄の原産国は現在のところ不明であります。

ではもうひとつのラ・マルヴォワジー・ド・トスカヌは何なのでしょうか。

先ほどと同じ手順で VIVC から検索すると・・・

Search result : 0

との表示、即ち「そんな名前の葡萄はおまへん」ということ。

でもこれで挫けてはいけません。ノム・デ・セパージュのラ・マルヴォワジー・ド・トスカヌのシノニムを見ると

Synonymie : malvasia bianca lunga, malvasia bianca de Toscana, malvasia del chianti, malvagia

との表記があります。で、一つ一つ同じようにVIVC で検索すると、これらのシノニムがほぼ一致するのは最初のシノニムとして取り上げられている malvasia bianca lunga 正式名称も同一の MALVASIA BIANCA LUNGA 7262 マルヴァジア・ビアンカ・ルンガ、イタリア原産白葡萄である事が分かります。イタリア語表記の葡萄の名称を無理矢理フランス語表記に変換したため一語一句にズレが生じたと判断します。

つまり後者のマルヴォワジーは正式名称マルヴァジア・ビアンカ・ルンガのことであり、ノム・デ・セパージュが示す2つのマルヴォワジーと呼ばれる葡萄についてはいずれも「マルヴァジア・某」が本来の名前であることが分かります。

それでは正式名称マルヴォワジー・某という葡萄は存在するのでしょうか?

それを確かめるには VIVC のサイトで Cultivar name の検索を使いボックスに「Malvoisie」と入力した後画面上に表れる

Cultivar name

Note: use the radio button to select one of the three search criteria.

○ Cultivar name (search includes both, prime names and synonyms)
◎ Prime name
○ Synonym

のように検索をプライム・ネイムと指定して検索をクリックすると

1. MALVOISIE DE LASSERAZ 23556 VITIS VINIFERA LINNÉ SUBSP. VINIFERA BLANC

2. MALVOISIE DE MADERA 24227 VITIS VINIFERA LINNÉ SUBSP. VINIFERA BLANC PORTUGAL

と2つの葡萄が登場します。

後者の MALVOISIE DE MADERA から先に詳細を見るとこちらの通り

BLACK MOROCCO × YAPINCAK

ポルトガル原産のワイン用白葡萄で、オリジナル・ペディグリーに示されるとおり母方が原産国不明の食用黒葡萄 BLACK MOROCCO 、父方がトルコ原産のワイン用および食用の白葡萄 YAPINCAK から誕生した交配種で、ワイン用白葡萄であることが分かります。名前からしてマデラ酒のために品種改良された葡萄であることが想像できます。画像は残念ながら見つかりません。

で、結論として申し上げられるのは正式名称として「マルヴォワジー」の語句を含む葡萄で画像が公表されているのは前者のマルヴォワジー・ド・ラセラ(ツもしくはヅ)ということに相成ります。

画像は VIVC のサイトのこちらから拝借しました。このワイン用白葡萄はフランスに実在し、INRA のサイトにも登録されていて、ローヌ・アルプ圏サヴォワ県の原産と記しています。

ネットで検索可能な葡萄に関するサイトでは統一見解が示されていないのが現状であります。ですからあの分厚いワイン用葡萄の本ですが、内容をそのまま鵜呑みするのは如何なものかと申し上げたい。

| ワイン雑感 |
| 04:16 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2014年05月12日
All Rights Reserved./Skin:oct