ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

クードポール第348回ワインを楽しむ会
348 回目と云うことは昨日で丸29年続いていることになります。現在は第1木曜日と日程は変更になっていますが、午後8時開催は昔と相変わりません。当時のフランス・パリでの夕食といえば午後9時スタートが普通でした。一旦仕事から家に帰り、一風呂浴びて着替えてからお食事するという生活スタイルだったのです。

パリのスタイルを取り入れた訳ではありませんが、当時日本の場合、残業などで会社を後にするのは午後7時とか7時半なので午後8時開催でないと人数が揃わないのでその時間となりました。

それでも仕事の関係でしょうか、20分30分と遅れて参加されるメンバーさんが居られます。働きすぎる国民性所以なのでしょうか。


さてアミューズ・グールはグリーンアスパラガスのオランデーズソース。この時期の定番であります。


そして鰹の炙りとミニサラダ。


前菜はボイルした蛍烏賊とフルーツトマト、生海胆をトマトのエッセンス(ジュレ)で和えたもの。


前菜2つ目は帆立貝柱のソテーとホワイトアスパラガスのカルボナーラ仕立て。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 02:34 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2014年05月02日
All Rights Reserved./Skin:oct