ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

麺匠パスタバカ一代
旧友からお誘い頂き訪問と相成りました。昔の順慶町通り沿いの北側にお店はあるのですが、大阪市の町名変更により住所表記は「大阪市西区新町1-2-8」となってしまいました。京都のように「何某通り東(西)入る」とかなら大体の場所は分かるはずですが「何丁目何番」はいちいち地図を確認しなければなりません。昔の地名とか通りの名前を大事にしてほしいと思うのですけどね。

さてこのお店、通りから中が丸見えなのは好みの分かれるところかも知れません。で、テーブル席に案内されましたが、椅子の座り心地は残念ながら好みではありません。若い方なら違和感ないのでしょうか。

我々の世代の方ならカウンターに陣取った方が賢明と考えます。

さてシチリアのシャルドネをボトルでお願いし、早速前菜メニュー(というか一品料理)をすべて出して頂きます。


まずはシーザーサラダ。サニーレタスやベビー・リーフ中心でパルミジャーノとクルトンがよいアクセントになっています。出来ればオリーヴとかゆで卵など添えた方が有り難いと思います。


次は田舎風パテにピクルス添え。ボリュームが結構ありますが出来ればピスタチオなど盛り込んで頂きたい。添え物はピクルスも良いかも知れませんがコンソメ・ジュレなどあると嬉しい。


そしてトリッパのトマト煮込み。ベースのトマトソースが美味しくトリッパの臭みも全く感じません。とても美味しく頂きました。


次からはお得意のパスタ料理です。「アオリイカのちょっぴりピリ辛イカ墨パスタ、モチモチタリオリーニで」は自家製手打ち麺で非常に美味しい。

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 06:04 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2014年04月09日
All Rights Reserved./Skin:oct