ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

クードポール第345回ワインを楽しむ会
ビストロ・クードポール主催のワイン会です。このワインと食事を愉しむ集いは今から29年も前の1985年から現在に至るまで毎月続いています。スタートが夜の8時と遅いため、お忙しい方々にもお集まり頂けるのが継続の秘訣でしょうか。


先ずは温かいアミューズ・グールでスタートです。「フレッシュ・トリュフとキノコのキッシュ」はテーブルに運ばれただけで強いトリュフの芳香が部屋中一杯に広がります。トリュフはアッシェではなくかなり分厚い目のスライス。故にトリュフの歯触りも楽しめます。


次は前菜の1皿で「渡り蟹のグラチネ」。蒸した渡り蟹の身と内子、そして菠薐草を生クリームで和えてグラタンに仕上げたお料理です。


2皿目の前菜は「フォワグラのソテー、ソース・ペリグール」、マッシュポテトが添えてあり、アミューズ同様トリュフの薫り高い一皿に仕上がっています。馬鈴薯はトリュフのアッシェと共にピューレにしてフォワグラの下に敷いた方が良かったかも知れません。
▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 05:19 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2014/02/08 06:48 PM |
debussy |2014/02/08 03:03 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2014年02月07日
All Rights Reserved./Skin:oct